Monthly Archives: 11月 2014

子供の卒園式の母親の着ていく服装の基本や注意点について

卒園式お子様たちにとっての大事なイベント「卒園式」。

子供にどんな服を着せようか、子供の髪型はどうすればいいのかと考えることも多いですが、何よりそれ以上に考えなければいけないのが、母親であるあなたの服装です。

ママ友の世界というのはとてもシビアな世界で、細かいところまでチェックされているのでうかつな失敗は許されません。

しかし、卒園式といっても初めての経験なので一体どんな服を着て行けばいいのかわからない!

でも入園式の時に着て行った服がまだ着れるからそれを着てみようかな。

と、思う方もいるかもしれませんが、それはお待ちください。 Continue reading

おでんダイエットをするならコンビニおでんがおすすめ!

おでんダイエット中の食生活の中で何よりも気になるものといったら「カロリー」ですね。

カロリーを気にするあまり、充分に食事がとれず空腹に苦しむという方も多いのではないでしょうか。

そのためカロリーが低く、満腹感を得られる食べ物が注目を集めていますね。

中でも寒い時期に最も活躍するのが「おでん」。 Continue reading

タッチインバータ蛍光灯が、全くつかなくなります。どうすれば?

タッチインバーター蛍光灯蛍光灯スタンドの点灯・消灯のタッチ式のものが増えてきました。

夏はちょっと触れるだけで間違いなく反応します。

問題は秋から冬。何度触れても点灯しなくなります。

何度かやってると何かの拍子に点くこともありますが、冬になると格闘します(苦笑)

メーカーに問い合わせても、具体的な答えが出てきませんでした。

冬は体に静電気がたまるからかな?って思って金属に触れてからタッチ!
たまに点くことがありますが、これも決定的解決になりません。

静電気ではない! Continue reading

結婚式の招待状、返信ハガキの書き方、気の利いたメッセージ集!

結婚友人知人からの結婚式・披露宴の招待状が来たときどんなふうに書いていますか?

返信はがきのかきかた、注意点と、貰った方が嬉しくなる気の利いたメッセージを拾ってみます。

宛名面も忘れやすいので注意しましょう。

そう!もちろん、宛名の「〇〇 △△ 行」の「行」を2本線か斜線で消し「様」に書き直します。

表面はこれでOKです。 Continue reading

喪主挨拶、通夜と告別式の会葬者へのあいさつ(文例)

葬儀挨拶私は9月に父を亡くしました。(享年87歳・大往生と言えます)

私は長男(60歳)です。しかし高校出てから関東圏に居まして、
地元(九州)に帰ってきたのが6年前で親戚以外私が知っている、父の知り合いは少ないんです。

だからお通夜や告別式に来ていただく方は、ほとんど母と父の知り合いで、
私は、親しい友人が数人と言う状態でした。

新聞広告にも喪主の名前が出ることから、

喪主には母(86歳)になってもらい、実際に動くのは長男の私と言う事にしました。

一番緊張したのが喪主の挨拶です。通夜と告別式2回あります。参考になればと文例を書いてみました。 Continue reading

足がつるのが寝ているときだと、原因は病気の可能性もあります!

足がつる成人の大半の方が一度は経験したことがある、夜中の寝ている時に足をつるといったハプニング。

突発的な痛みで目を覚ましたことはないでしょうか。

急に起こるこの足をつるという現象、なんと成人の3割の人が定期的に起きている現象だそうです。

足をつるというイメージとしては過度の運動などをした時や筋肉を無理に収縮したり緩和したりすることで起きるのではないかと思う方も多いでしょう。

しかし、夜中に足がつる原因の中には、実は病気である可能性も含まれてるのです。 Continue reading

成人式のお祝いに贈るご祝儀の金額の相場はいくら?

成人式一生に一度のイベントでもある成人式。

先日まで子供だと思っていた相手が、いつの間にか新成人へと成長し、新たな門出を迎える大切な儀式ですね。

しかし、身近に成人式を迎える方がいる場合、ご家族や友人ご親戚の方は悩むことも多いと思います。

どのようなお祝いパーティを企画するか、パーティに親戚を呼ぶか、記念写真はどうするのか、孫の成人パーティに参加してもいいのか、仲の良い会社の同僚はお祝いするべきなのか、などそれぞれ疑問はあると思いますが、その中でも一番悩むのはご祝儀の金額ではないでしょうか。 Continue reading

厄年の数え年とは?前厄、後厄の意味は?2015年の厄年は?

厄年男性 25歳、42歳、61歳

女性19歳、33歳、37歳

この数字を見てドキッとした人もいるかもしれませんが、これが厄年と言われている数字です。

厄年というと、大きな病気をしたり社会的に大きな変化をもたらしたりすることで認識されている年のことですが、実際のところ100%大きな不幸が生じるという確信はなく、迷信だとも言われています。 Continue reading