ホワイトデーに手作りクッキーを簡単に作る方法!男性必見!

By | 2015年1月6日

チョコクッキーバレンタインデーにチョコを貰ったお返しにお菓子をプレゼントしたいと考える男性も多いと思います。

しかし、最近では草食系男子が増えてきたせいか、手作りのお菓子をお返ししようと考える方も少なくはありません。

今となっては男性もキッチンに立ち何でもできなければ恥ずかしい時代です。

何でもできるという度量をアピールするためにも自作のお菓子をプレゼントすることもポイントアップの手段のひとつです。

そこで、これからお菓子作りに挑戦しようと考えている男性に向けて、手作りお菓子の作り方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

ホワイトデーにお返しするならやっぱりクッキー!人気があります。

ホワイトデーのお返しの中でも圧倒的に人気を誇るプレゼントというのはクッキーです。

クッキーにはハズレが無く好きな女性も多いので、大抵の方に喜ばれるというのが一番の理由ですね。

そして、今回手作りをするということで、クッキーを選んだのにはそれ以外にも大きな理由があります。

それは、手作りの際に最も簡単で、失敗することがないからです。

チョコレートのように見栄えを良くするための難しい装飾もなく、練って型をとって焼くだけといった簡単な流れでできるので、お菓子作りをしたいと考える人には最適なのです。

そこで、今回はクッキーの作り方についてご紹介していきたいのですが、手作りをするということで、ただのクッキーとして贈るだけでは何だか物足りないものですね。

ですから今回は女性にも人気な「チョコクッキー」のレシピについてご紹介していきたいと思います。

 

ホワイトデーのお返しのクッキーのレシピ。手作りも簡単!

◎準備するもの

薄力粉 45g (約大さじ5杯分)

片栗粉 20g(約大さじ2杯分)

砂糖 27g(約大さじ3杯分)

無塩バター 36g(約大さじ3杯分)

ココアパウダー 15g(約大さじ2.5杯分)

水 15ml

グラニュー糖 適量

型抜きのための型抜き器

サランラップ

 

★ホワイトデークッキーの作り方

スポンサードリンク

①まずはバターを常温に戻し、柔らかくなってきたところでボウルに入れ、グラニュー糖以外の材料を振りかけるように少しずつ混ぜ合わせます。

②全体が混ざるようにしっかり混ぜて、ある程度固まってきたら手を使って捏ねます。

③次に、生地をサランラップに乗せて平たい形に潰してその上からグラニュー糖を軽く振りかけます。

④そのままラップで包んだまま冷蔵庫で20分程度生地を寝かします。

⑤取り出したクッキーを型抜き器で型をとって形を作ります。

⑥その後にもう一度グラニュー糖を適量振りかけておきます。(見た目が良くなる程度に)

⑦オーブンを170度に余熱します。

⑧温まったオーブンにクッキーを入れて、170度で12分~15分程度焼き上げます。(オーブンによっては焼き時間が違ったりするので、焦がさないようにしっかり見張っておきます)

⑨こんがりと焼き上がったら冷めるまで常温で乾燥させて出来あがりです。

注意点としては、焼きすぎてしまわないようにするのがポイントです。

甘さを調節したい場合は、一度目のグラニュー糖を省くか、砂糖を三温糖に変えることで甘さを控えることができます。

ミルクココアを使う際は、元々甘さが加わっているので、中盤のグラニュー糖はカットすることをおすすめします。

まとめ

簡単な流れで作れるものですが、本当に美味しいものを作りたいと考えているのならば、数回に分けて作ってみるのがおすすめです。

焼き加減や材料の分量などで大きく味が変わってくるので、自分好みの味を極めたい場合は何度かチャレンジしながら試してみるといいでしょう。

私の場合は生地を作る際にわずかに(小さじ1杯程度)レモン汁を混ぜ合わせてふんわりと柑橘系の香りがするようにアレンジします。

チョコクッキーは女性の間でもとても人気なので、ぜひ挑戦してみてください。

≫≫≫ ホワイトデーのお返しで子供に人気のお菓子の作り方!金額は?

≫≫≫ ホワイトデーのお返しで義理チョコを職場でもらった場合の金額は?

 

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)