引越し挨拶時のマナー!どこまで挨拶したらいいの?粗品は?

By | 2015年1月1日

引越し挨拶3月~4月にかけて新しい土地での新生活をスタートするために引越しをされる方が増えるものだと思います。

引越しというのは大掛かりな作業のため決めておかなければならないこともたくさんありますが、その中でも見落としがちなのが引越し先へ住んでいる近隣の方への挨拶回りです。

落ち着いてから回ればいいと後回しにしていることが逆にマナーの悪い人だと思われてしまう原因になってしまったりします。

新居でのトラブルを未然に防止するためにも礼節に関することは優先的に行っておきたいところです。

そこで、新居に移った場合の引越し挨拶回りに渡す粗品の選び方や挨拶の範囲などの基本的なマナーについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

引越し挨拶のための粗品の選び方

粗品と言ってもピンからキリまでで、どんなものを選べばいいのか迷ってしまいますね。

一般的に粗品として適しているものというのは、日常的に気軽に使える日用品です。

例えばタオルや洗剤、そして人気なのがバスクリンなどの使用期限のないもので、家族みんなで使えるものが評判のいい品物です。

逆に使用期限のあるものだと急いで使わなければならない上に、挨拶時に不在の場合が続くと買い直さなければならなくなります。

食品や菓子折りなどを粗品として選ぶ際は、あらかじめそのことを頭に入れておかなければなりません。

ですからおすすめは使用期限のない日用品が渡しやすいです。

粗品を買う際の相場としては、500円~1000円程度が一般的です。

引っ越し先の地域によっては、高級住宅などが立ち並び生活レベルの高いご家庭が並んでいる地域もありますが、粗品の相場というのはどこも変わらないものなので、平均的な金額のもので大丈夫です。

 

引越しの際に挨拶回りをする範囲

一戸建ての家に住むかマンションなどの集合住宅に住むかによって範囲は変わってきます。

マンションなどの集合住宅の場合は、両隣、そして上下の隣接する部屋に対して挨拶が必要です。

その他にはマンションの管理人、賃貸の場合は大家さんなどに挨拶をすることは必須です。

一戸建ての場合は少し範囲が広く、両隣、向かい、裏手などの隣接する家はもちろん、となり向こう3軒、向かいの家の両隣まで挨拶しなければなりません。

スポンサードリンク

最近では隣接している家と向かいの家だけで済ませるところも多いようですが、密集している住宅地ではなるべく向かいの家の両隣への挨拶をしておかないと、顔を合わせる機会が多いと気まずくなります。

その他には町内会長などにもしっかりと挨拶をして今後の生活をスムーズにしましょう。

 

引越しの挨拶時のマナー

引越しをする際のマナーの中で一番守るべき最優先のマナーは訪問時間です。

挨拶に適した時間というのは基本的に朝の10時から夕方6時までの明るい時間帯です。

日没以降はどこのご家庭も忙しい時間になりますし、暗くなってからの訪問は不安感を誘うのでなるべく明るいうちに済ませておくことが重要です。

そして、挨拶に回る日というのは引越し当日より前に済ませておくことをおすすめします。

一番迷惑がかかるのが引越し当日なので、事前に挨拶を済ませておくことで心おきなく引越しができます。

粗品に付けるのしの表書きは、蝶結びのプリントの上半分に縦書きで「御挨拶」そして下には自分の名字を書いておきます。

日中お伺いした場合に留守のお宅もあると思いますが、その場合は時間を見合わせてもう一度伺うことをおすすめします。

挨拶に伺うのはできれば家族みんなでいくことが大切で、顔を覚えてもらうことで今後の生活もやりやすくなります。

中には何度行っても留守の家がありますが、その場合は挨拶文を書き入れた挨拶状を添えてドアノブにかけておくことが基本的です。

しかし、場合によっては雨風の凌げない玄関口もあります。

そういった場合は挨拶状に引越しの挨拶と「また改めて御伺いいたします」という文面を添え、後日違った時間帯に品物を持っていくことをおすすめします。

 

まとめ

知っているようで知らない引越しのマナーですが、近隣問題というのは一度始まると根が深く大きなトラブルに発展してしまうケースも珍しくはありません。

そういったトラブルを未然に防止するためにも近所付き合いというのは大切にするべきことでもあります。

トラブルの仲裁にあたってくれる町内会長さんや管理人さんとは、いつでも話ができるように欠かさず挨拶しておくことが肝心です。

特に最初の印象というのは大切なのでしっかりと挨拶をして好印象を与えておきましょう。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)