高校生入学祝いの相場について!時計や財布はどう?女子には?

By | 2014年12月25日

入学祝入学シーズンを迎えると、自分の兄弟若しくは姉妹などの子供である甥っ子や姪っ子などの進学を祝うという機会もあると思います。

小学校、中学校の入学祝いにはプレゼントを贈って来たという人でも高校進学にもなると現金を包んでお祝いとして渡すという人も増えてくるのではないでしょうか。

しかし、いざ現金を包むとなっても始めての場合は一体いくらくらいが相場なのかわかりません。

そこで、甥っ子や姪っ子が高校進学にあたり、伯父(叔父)や伯母(叔母)の立場として一体いくら包むのが妥当なのかをご説明させていただきたいと思います。

スポンサードリンク

高校生に贈る入学祝いの相場

一般的に小学校、中学校までのお祝いの相場と高校生からのお祝いの相場は倍近く違うものだと言われています。

甥や姪に贈るお祝いの金額として、小学校、中学校の入学祝いには10,000円が相場ですが、高校入学に当たっては20,000円贈るのが一般的な相場です。

なぜ高校生になると倍額に跳ね上がるのか?と不思議に思う方も多いと思いますが、高校生になるにあたって乗り越えるのが受験の壁です。

その受験に合格したということの合格祝いを兼ねて贈るので、小学校や中学校の入学時よりは多くなるのです。

ですから小学生や中学生でも受験を経験して乗り越えた甥や姪に対してもお祝い金を出す場合は20,000円程包むのがセオリーです。

ちなみに祖父母から孫への高校進学時のお祝いの相場としては、100,000円程度包むご家庭が多いのが現状です。

大半は、高校進学に当たり入学金などがかかってくるので、祖父母がそれを一部負担するという形で100,000円ほど包むのが妥当な金額です。

いや~!結構な金額ですね。

祖父母の場合はご家庭によってどのような方法で負担するかは違いますが、甥や姪の次にお祝いを贈るとしたら次はお孫さんといった順番なので、ぜひ参考にしてください。

 

高校生の入学祝い。時計・財布で贈る場合、女子の場合

中には現金でなく品物を贈りたいと考える方もいらっしゃると思います。

スポンサードリンク

そういった場合の相場としては、現金よりも幅広く5,000円~20,000円を目安に購入されている方が多いです。

品物の選び方は、高校生になる子供が男の子か女の子かで多少の違いはありますが、大半は実用性のあるアイテムなどを贈る方が多いので、人気の品物にそこまでの違いはありません。

そこで、高校入学時に贈るおすすめの品をいくつかご紹介したいと思います。

 

A. 財布や定期入れなどの小物

高校進学にあたり新たに電車通学を始めるという方には、定期券を入れるための財布や定期入れがとても役立ちます。

 

B. バッグ・ポーチ

荷物を入れるためのお洒落なバッグも人気ですが、運動部に所属する予定の方は必ずスポーツバッグが必要になるので、スポーツブランドのバッグなどをプレゼントすると喜ばれます。

女の子の間では持ち運び便利な可愛いポーチなどが人気です。

 

C. 電子辞書や文具

勉強に役立てるものとして人気なのが高校生用の電子辞書やペンケースなどの文具です。

進学校などに通い大学入試をすでに視野に入れている方には電子辞書はかなり強い味方になります。

 

D. その他

その他には腕時計やアクセサリーなどの身に付ける小物や学校以外で活用するバッグなどもプレゼントには人気があります。

 

まとめ

小学校、中学校への入学時のお祝いというのは、大抵は親御さんが管理していたものですが、高校生にもなるとほとんどが自身へと直接渡ることになります。

そのためお祝いの気持ちの伝わり方もダイレクトに伝わるものなので、しっかりとお祝いの言葉と共に贈りたいものですね。

親戚の付き合いというのは一生続くものなので、こういったご祝儀などはきちんとしておくことをおすすめします。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)