妖怪ウォッチメダルの使い方!3DSで、何に使うの?

By | 2014年12月19日

妖怪ウオッチ日本各地で旋風を巻き起こしている妖怪ウォッチ。

12月に新作映画も公開されるということで、これからもまだまだブームが続きそうですね。

元々はゲームから生まれたアニメ作品ですが、今や小さなお子様にも人気でメダル集めをしている子供も少なくはありません。

しかし、小さなお子様に限ってはメダルを手に入れてもゲームを楽しむのは難しいですね。

そこで、小さなお子様から大人まで楽しむための妖怪メダルの使い方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

妖怪ウォッチメダルを3DSで使う

まずは基本的なゲーム内での使い方からご紹介します。

妖怪メダルを手に入れたらゲームの中に取り込むことで、メダルの妖怪を仲間にできます。

その手順は、ゲーム内のこぶた銀行へ行き1番の受け付けでQRコードの読み取りを選択します。

するとカメラで読み取りができるようになるので、メダル裏面のQRコードを3DSのカメラで読み込みます。

読み込んだあとはガチャを回し、メダルの妖怪を手に入れることができるのです。

一般的にゲームメインで遊びたい人はこの方法でメダルの妖怪を仲間にしています。

仲間にした妖怪はデッキに組み込むことができその先のバトルで活躍することができます。

 

妖怪メダルをおみくじ神社やDXウォッチで使う

妖怪メダルはゲームだけに限らず現実世界の中でも様々な使い道があります。

①妖怪ウォッチ零式、DX妖怪ウォッチなどにセットする

腕時計型のおもちゃである妖怪ウォッチ零式、DX妖怪ウォッチなどにメダルをセットすることで、探知モード、召喚モードと2つの楽しみ方ができます。

探知モードではサーチライトが光り、そして召喚モードではキャラクター独自の召喚時の音楽、音声が流れます。

この場合3DSは必要無く、仮面ライダーの変身ベルトのようななり切り型のおもちゃなので小さなお子様でも楽しく遊ぶことができます。

スポンサードリンク

しかしメダルによって対応ウォッチが違うので、あらかじめ調べてから購入することが大切です。

②DXガシャガシャマシン

これは詰め替えできる小型のガチャで、メダルを投入することでガチャをひとつ引けるというおもちゃです。

投入したメダルは裏から取り出すことができ、中身も新しいものに詰め替えできますので何度も楽しめます。

③妖怪おみくじ神社

ゲームセンターなどにある妖怪おみくじ神社で、手持ちの妖怪メダルのQRコードをスキャンしてデッキに編成し、おみくじバトルができるという遊び方です。

運が良ければそこで限定メダルなどが手に入ることもあるのでとても人気のあるゲームなのです。

 

妖怪ウォッチの妖怪メダランドで遊ぶ

妖怪メダルには、ゲーム機やおもちゃ以外にもwebで楽しむことができる遊び方もあります。

ハマっている大人の多くはこのwebでの活用がメインで、専用サイトである妖怪メダランドに登録することで利用することができます。

詳しくはこちら

妖怪メダランドでは、メダルのQRコードを携帯やスマホのカメラから読み取ることでポイントを溜めることができ、溜めたポイントで限定メダルの抽選に参加することができます。

限定メダルは非売品ということでかなり白熱し、そしてweb上でも自分のメダルを登録しておみくじバトルができるので多くの方が利用しているサイトです。

このポイント集めのためにメダルを買う人が多くハマり度が高い遊び方なのです。

 

まとめ

このように妖怪メダルがあれば、色々な楽しみ方ができ小さなお子様から大人まで利用することができるのです。

DXウォッチでは幼稚園のお子様が、そしてそのメダルを3DSに読み込んで小学生のお子様がゲームを楽しみ、夜になるとご両親がサイトで使うというご家庭も少なくはありません。

家族みんなで楽しむことができるので、メダルを手に入れたらぜひフル活用することをおすすめします。

 

≫≫≫妖怪ウォッチ、映画公開でメダルをゲット!

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)