引越し単身パックの相場について。利用する際の注意点!

By | 2014年12月15日

引越し単身パック引越し単身パックというという単身者向けの手軽なシステムが浸透するようになってから単身者の引越しがとても安くて便利なものになりました。

単身パックというのは、従来の引越しとは異なり決められた専用ボックスの中に荷物を詰め郵送感覚で引越しができてしまうというとても便利なシステムです。

専用ボックスには、サイズがありそのサイズによって金額が異なってくるものですが、パック内に納まらない荷物に関しては適用できないといったデメリットも存在します。

身軽な単身者にとってはまさにうってつけのシステムなのですが、その相場とは一体どれほどかかるのかというところが気になりますね。

スポンサードリンク

そこで、引越し単身パックを利用するにあたって相場はどれほどなのかをご紹介していきたいと思います。

 

引越し単身パックを利用して東京-大阪間を移動する

就職、進学などをきっかけに都内から大阪へ移動する際の単身パックの相場というのはとても幅広く、およそ25,000円~100,000円までが相場となっています。

荷物の量や作業時間、引越しの時期、どの業者を選ぶかなどによって金額は左右されるのですが、一番安いプランでは引越しパックの中でも一番小さなSサイズに納まる程度の少量の荷物を新居に送るだけといったサービスです。

単身者用の従来の引越しプランの相場としては、60,000~100,000円が平均的で、この場合は専用ボックスなどの支給はなく、1部屋分の荷物をトラックでそのまま運んでくれるといったサービスがメインです。

その分たくさんの荷物が運べ、梱包のための道具などの支給があったり、スタッフが細かいところまで手伝ってくれたりと助かるサービスを受けることができるので安心して引越しができます。

そういったサービスを必要とせず、郵送感覚で少量の荷物だけを運びたい場合はパックの方がお得です。

 

引越し単身パックを利用して都内の移動をする際の相場

都内の引越しの場合も利用条件により金額は大きく変動するものですが、平均して15,000円から60,000円程度が相場です。

スポンサードリンク

この場合は従来の単身者用の引越しプランと大差はありません。

単身用の冷蔵庫や小型の家電製品などを単身パックで運び、残りの荷物は自家用車などでコツコツ運ぶといった方法で利用している方も多く、距離が近い分自分で工夫して値下げができるところが近場の引越しのポイントです。

自分で運ぶのが面倒なものを単身パックで安く運ぶことができるので、従来の引越しプランを選ぶよりはこちらの方が効率よく進められるのです。

 

引越し単身パック相場、少しでも安い金額で利用したい

引越し単身パックがいくら安いといえども荷物がたくさんあり過ぎるとそれなりに金額は跳ね上がります。

専用ボックスの種類は、S、L、Xとあり、一番小さなSサイズの大きさは、日通のもので高さが155cm、幅が108cm、奥行きが74cmとかなり小さなものです。

ほとんどの引越しはその中に納まり切れないので、Sのサイズをいくつも利用したりXサイズを利用したりするので金額はどんどん高くなります。

場合によっては、通常の引越しサービスを利用した方が安くつくというケースもありますので、荷物が多い方はあらかじめ通常のサービスと単身パックを同時に見積しておくことをおすすめします。

1年のうちでも3月~4月はとても引越し料金が高くなる時期です。

その時期は通常よりも30%は高くなっているので、可能であれば時期をずらすことをおすすめします。

大幅に引越しの時期を変えられない場合は土日を避けるだけでも金額は変動しますので見積の際に細かくチェックすることが大切です。

 

まとめ

引越し単身パックは確かに安いのですが、長年一人暮らしをしていて荷物が多いという方には向いていません。

ですから単身パック利用者として適しているのはこれから一人暮らしを始めるといったまだ荷物が少ない状態の方に限ります。

安く利用するためには、一括見積などを利用して各引越しセンターの単価を比較しながら根気よく探すことが肝心です。

自分に合った方法で満足のいく引越しプランを立ててください。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)