成人式の髪型は編み込みで振袖を引き立たせよう!

By | 2014年12月8日

編み込み「成人式」といえば、やっぱり振袖で行くという女性が多いものだと思います。

一生のうちでも振袖を着る機会というのは少ないもので、好きな時にいつでも着ることができるというわけではありません。

ですからこの機会を逃してしまっては、今度はいつ着ることになるかわかりませんね。

そこで、和服美人を演出する際に一番悩むのがそれに合わせる髪型だと思います。

スポンサードリンク

着物に合わせられる髪型というのは様々な型ができますね。

その中で今最も注目を集めている振袖に合うヘアスタイルといえば、やはり編み込みではないでしょうか。

編み込みは手間もかかるしメンテナンスも大変なので、普段から気軽にできるものではありませんね。

ですからこの機会に編み込みにチャレンジしようという人も少なくはありません。

成人式と言うのは一生に一度の晴れ舞台。

大人の扉を開けたその瞬間、一番自分らしく輝ける姿を両親や友達、彼氏に見せたいものです。

せっかく振袖を用意してもらったのなら、ネイルや化粧はもちろん、髪型だって、和の雰囲気に揃えて素敵に決めましょう。

そこで、振袖に合わせて編み込みで和の演出をしたいという女性に向けて、和風の編み込みのポイントなどに付いてご紹介していきたいと思います。

 

成人式の髪型編み込みヘアおすすめ

成人式の髪型はアップスタイルという人が多いと思います。

アップスタイルに関しては、編み込みヘアが人気です。

編み込みヘアスタイルはショートやボブでは難しいと思われるかもしれませんが編み込み風スタイルにすることは可能です。

ネジってピンで留めて、というものをいくつも作ってかんざしをつけてみたり、部分ウィッグを上手に活用したりして、髪のボリュームを出す方法もあります。

また、全部をアップにしないで、ハーフアップのスタイルも人気があります。

ハーフアップの場合は、くくってからねじりを入れたりしておしゃれなスタイルにします。

参考にできるサイトは沢山あります。

例えばMERYやNEVERまとめ、Rasysaなどでは、髪の長さ別に編み込みヘアが検索できます。

ショートヘアでも、成人式は華やかにしたいと思います。これショートヘアでできるの?と思ってしまうような驚きのアレンジも沢山あります。

編み込みヘアは、大人っぽく見せることができますし、上品なイメージもあるので成人式のヘアスタイルにおすすめです。

編み込み部分をカチューシャのようにするのもおしゃれです。

髪留めはお花が人気です。

着物の色に合わせて髪留めも選びましょう。

パーマヘアの人は、とても編み込みスタイルがやりやすいです。

さらさらのヘアの人は、編み込みスタイルはスプレーやワックスを使用して行いましょう。

スポンサードリンク

セットは美容室でやるのも良いですが、自分でもできるので、是非挑戦してみてください。

 

成人式、髪型がロングヘアーの場合の編み込みヘアおすすめ

やはり着物の美しさやデザインをしっかり見せるため、アップにする方がおすすめです。

ただまとめるだけではなく、着物に負けないくらいのボリュームをつけるとバランスが良いでしょう。

逆毛を立てたり、アイロンで巻いた髪をアレンジするのもいいですが、その場合、編み込みを利用するととても華やかに演出できます。

顔周りに髪飾りをつけると主張しすぎてしまう場合がありますが、カチューシャのように大きめに編み込めば主張しすぎない華やかさを取り入れられます。

髪飾りが思っていたよりも雰囲気に合わなかったり、後ろから見ると華やかだけれど、前から見ると物足りない、などと言う時に編み込みはとても便利な方法となるでしょう。

 

成人式、髪型がショートヘアーの場合の編み込みヘアおすすめ

また、髪が短い方や後れ毛の多い方でも、編み込みを利用することで、まとまらない髪をうまくセットすることが出来ます。

襟足や、顔周りを編み込むことで、落ちてしまいがちな髪の毛でもアップにすることが可能なのです。

ショートヘアの場合も、サイドを編み込み、髪飾りをつけると、普段はスポーティーだった雰囲気も一気に女性らしい美しさを演出できます。

また、カタログなどに載っている髪形を真似すると、友人とヘアスタイルが被ってしまうといこともありますが、自分の好みでアレンジし、編み込みを利用することで、自分だけのオリジナルなヘアスタイルが完成します。

久々に会った友人に、少し大人になった自分を、編み込みヘアでより魅力的に見せてしまいましょう。

 

まとめ

一生に一度の成人式での写真というものは、この先ずっと残っていくものなので手間暇かけて髪型を決めるというということはとても大切なことです。

編み込みというのは、イメージとして海外の印象がとても強いものですが、実は和服にとてもマッチしていて日本人のために作られた髪型ではないかと思うほど似合うものです。

時代劇や映画、キャラクターなどからテーマを決めてそれに合わせてコーディネートを作っていくとコアがぶれずにまとまった感じに演出できます。

中には、遊女を演出したいという方も多いでしょうけど、振袖を着崩すというのはとても難しく素人の手でやれば失敗してしまうことが多いのが特徴です。

その変わりにプロの方に頼んでやってもらうとかなり芸術的に仕上がるので、和風を演出する際に着崩しを考えている方は、ぜひプロに頼むことをおすすめしておきます。

≫≫≫ 成人式を地元でやりたいのに住民票が違う場所にある場合の対処法

 

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)