顔のテカリを抑える方法は、食事と外的要因・生活習慣に注意!

By | 2014年12月1日

顔のテカリ日頃のスキンケアはバッチリしているはずなのに、なぜか顔のテカリが一向に改善されないという女性の方も多いのではないでしょうか。

・ファンデの油分もカットして、上からパウダーでちゃんとテカリをカバーしているのに夕方になるとテカリが目立つ。

・洗顔料も皮脂を落とし過ぎない自分に合った洗顔料を使っている。

・基礎化粧品にもこだわって、皮脂の分泌を抑える効果のある「ビタミンC誘導体」を摂り入れたスキンケアを心掛けている。

なのにどうして……?と困っている女性の方に、スキンケアではまかないきれない部分についての説明をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

スキンケアは内側からのケアが大事

スキンケアといえば、外側からのケアというものに重点的になりがちですが、トラブルの原因の根本というのはほとんど内側にあるものです。

テカリの原因となっているのは、脂性肌タイプ若しくはオイリードライの方がほとんどだと思いますが、脂の分泌とは内側からされるものだそうです。

ですから外側のケア以上に内側の改善を心掛けることが大切です。

そこで今回は、テカリ肌を防止するために注目しておきたい3つのポイントについてご説明させていただきたいと思います。

今回押さえておきたいキーワードの3つは

A. 食生活

B. ストレス

C. 生活習慣

主にこの3つの乱れが原因で、皮脂の分泌を促してしまっている可能性が高いです。

一つ一つ順を追って対策を伝えていきますので、ご自身の生活と照らし合わせながら考えてみてください。

 

A. 食生活

まず最初に認識おきたいのが、脂肪や糖質を摂取すれば脂が分泌されるのは当たり前だとされています。

脂肪は見当が付くけど糖質は意外だったという人もいるでしょう。

糖質は口にしたら体の中で脂肪に変換されてしまいます。

ですからその日のランチで糖分が含まれているものをたくさん食べたり、デザートを食べたりすれば、脂が分泌されるのです。

もちろん休憩中のおやつも脂の分泌に繋がります。

元々糖質や脂質を多く含む食材が好みだという人は、まずバランスの良い食生活を心掛けることをおすすめしますが、糖質も脂質もそんなに摂っていないという人は、脂の分泌が人よりも多いということなので、それを抑える食生活に切り替えるのがいいとされます。

一般的にスキンケアで脂の分泌を抑えるといえば「ビタミンC」ですが、実は内側からのケアを試みる際は、ビタミンCではなくビタミンB1、B2、そしてビタミンEが有効とされます。

ビタミンB1が含まれる食材の代表としては、豚ヒレや豚もも、うなぎ、ピーナッツ、たらこ、玄米などがおすすめです。

ビタミンB2が含まれる食材は、鶏レバー、うなぎ、納豆、ブロッコリー、まいたけ、生しいたけ、そしてヨーグルトにもたくさん含まれています。

ビタミンEが含まれる食材の中で多く含まれているのが「アーモンド」。

その他にはたらこ、かぼちゃ、赤パプリカ、アボカド、ツナ缶、ほうれん草などがあります。

スポンサードリンク

脂っこい食材もいくつかありましたが、全くとらないというのもバランスが悪くなるので、気になるようでしたら調理過程で脂を落とすなどして工夫して摂取することをおすすめします。

 

B. ストレス

ストレスを感じることで、自律神経のバランスが崩れたり、男性ホルモンの分泌が多くなるので日頃のストレスというのは要注意です。

特に元々皮脂腺の大きいオイリー肌の人にとっては、ストレスのせいでテカリが目立つ他、ニキビの原因にもなりますので、しっかりと安定した生活を送りたいものです。

しかし、日常のストレスというのは簡単に避けられるものではありません。

そこで、ストレス解消に当たって効果が期待できる方法をご紹介します。

①運動

運動といっても簡単な家でできる方法とか、1日5分の体操とかそういうものではなく、しっかりと体を動かして楽しめる運動をすることをおすすめします。

遊びの一環で趣味として楽しむことができる季節のスポーツや登山、水泳、ロッククライミング、ヨガ、フットサル、バレーボール、ボウリング、ランニングなど休日を利用して目一杯遊べるものなどがおすすめです。

運動がストレス解消に一番効果も即効性も期待できるため、体を動かすことを楽しめれば美容健康にもプラスになるとされます。

ストレスによる自律神経の改善に繋がるので、ストレスが原因での脂の分泌には効果が期待できます。

②アロマテラピー

ストレスに立ち向かうための癒しの空間として、アロマを取り入れるというのもおすすめです。

アロマの香りの効果というのは、脳や肺以外にも血流やリンパにもいい影響を与えるそうです。

ストレス対策で代表的なのがイランイランやネロリなどが有名で、私もイランイランは試したことがありますが、甘い香りが何ともリラックスできて心地よいものです。

イランイランは脂性肌の人におすすめな皮脂分泌の調整作用も期待できるのでぜひ試してみてください。

 

C. 生活習慣

食生活の乱れや運動不足も生活の習慣の乱れとも言えますが、何より睡眠時間の乱れが生活習慣を大きく乱すものになります。

生活習慣が乱れれば、体のあらゆる機能に影響してきますので、食生活、ストレスと共にこの生活習慣は安定させておきたいものです。

決まった時間に起きて決まった時間に寝ることは、言うのは簡単ですが意外と難しいものですね。

特にストレスを抱えている場合は、不眠不足に陥りやすいのが特徴です。

いち早く運動などでストレスを解消して、安定した睡眠をとることがテカリ防止への近道です。

多くの人が導入しているスマホアプリの中にある「睡眠アプリ」などを利用して質の良い睡眠をとることがおすすめです。

 

まとめ

女性の場合は、特に生理前にホルモンバランスの乱れから皮脂分泌が多くなったりします。

時期を見て食生活を皮脂分泌を抑えるレシピに変えたり、テカリ対策のスキンケアを心掛けることで未然に防止することができます。

内側からも外側からもしっかりとケアをして、テカらない肌を目指してください。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)