花粉症の症状による鼻水を止めたい時の対処法

By | 2014年11月30日

鼻水花粉が飛び交う季節になると多発する花粉症。

去年まで症状が無かったという人でも今年になって突然その症状が表れたというケースも少なくはありません。

突然の症状の場合に困惑することといえば、風邪などの症状と区別がつきにくいことですね。

スポンサードリンク

 

花粉症の症状とは?

花粉症の流行が始まるのは毎年2月末頃から3月の頭頃が一般的です。

主な症状としては

・くしゃみ

・鼻水

・鼻づまり

・咳

・肌荒れ

・湿疹

・頭痛

・目のかゆみ

などのさまざまな症状があります。

花粉症の症状の大半が風邪の症状と似ているものではありますが、花粉症と風邪の大きな症状の違いはその期間です。

風邪の場合ならくしゃみや鼻水が出ても3日~1週間程度で治まりますが、花粉症の場合はその症状が長く続きます。

花粉症はアレルギー疾患なので、風邪とは違いかゆみを感じる症状が多く、ほとんどが皮膚や粘膜にその症状が表れますね。

自分の症状を詳しく知りたい場合は花粉症の症状チェックができます。

≫≫≫ 花粉症 症状 チェック

 

中でも代表的な症状とも言えるのが、鼻水や鼻づまりなどの鼻炎のような症状です。

鼻水などは症状の見分け方もわかりやすく、頻繁にくしゃみが出たり、サラサラとした透明の鼻水が水のように流れる場合は花粉症の可能性が高いので初期症状で判断しやすいです。

しかし、このくしゃみや鼻水というのは、外の症状と比べ辛いものですね。

次はその鼻の症状についてご説明していきたいと思います。

 

鼻水が出る原因

花粉症による鼻水の出る原因というのが、空気中を飛散する花粉(主にスギ花粉)が、目や鼻から体内に侵入し、鼻の粘膜にある抗体と結合すると、体がそれを異物と認識して外に追い出そうします。

体が異物であるアレルゲンを外に排出するための防御策として、ヒスタミンが分泌され、くしゃみや鼻水などの症状となり、異物を外に出そうとするのです。

ですから鼻水やくしゃみといった症状は、体が異物から自分を守る防御のようなものなのです。

しかし、このようにくしゃみや鼻水として、体に表れることによってさまざまな不調がついてきますね。

スポンサードリンク

睡眠不足になったり、食事を美味しく食べられなかったり、頭痛を併発してしまったり、鼻のかみすぎで鼻の周りが乾燥して荒れてしまったりと良いことは一つもありません。

そして何より困るのは外出先での止まらない鼻水です。

こういったトラブルを避けるためには、何よりも症状の緩和を目指したいところです。

そこで、次は普段からできる緩和方法や外出先での対策についてご紹介したいと思います。

 

鼻水を止めるための対策

①まずは専門医にかかって、薬を処方してもらう。

一番簡単で効果的な方法といえばやはり専門医に処方してもらう薬に頼ることです。

私の場合、
鼻水の出る原因であるヒスタミンを抑制するために、抗ヒスタミン剤が含まれたアレルギー薬などを飲むことが効果的で、長時間持続するため外出前に飲んでおくことで外出中もくしゃみや鼻水を抑えることができました。

しかし、抗ヒスタミン剤には「眠気」という副作用があるとされるので乗り物の運転前などには向きません。

 

②鼻や体を温める

自宅にいる場合にすぐに実行できる方法としては、まず蒸しタオルなどを利用して鼻を温めるという方法があります。

電子レンジで湿ったタオルを20秒程度温めることで、すぐに蒸しタオルができますので、それを鼻の周りに当てて鼻水が止まるのを待ちます。

体を温める場合は、入浴や運動などで温めると鼻水は止まりますが、そういった時間が取れない場合は、ドライヤーで首の後ろを温めることで鼻水を止めることができます。これは私が実際にやっていることです。

 

③外出先での止め方

外出先でどうしても鼻水が止まらなくて困るといった場合は、その場で大きく息を吸い込みゆっくりと全て吐ききった後に鼻をつまんで息を止め空を見上げます。

そのまま2秒ほど時間をかけながら顔を下に向け地面を見ます。

息が続く限り空を見たり地面を見たりすることで、鼻水を止めることができました。人により効果が違うと思うので、ダメもとと言う感覚で、一度お試しください!

 

まとめ

花粉症による症状が表れた場合はすぐに病院で診察してもらうことが先決です。

しかし、花粉症というのは簡単に治るものではないので治療にあたって根気も必要になってきますね。

そういった治療の途中で症状を緩和したい場合に上記でお伝えした方法をぜひ試してみてください。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)