唇の乾燥の原因は?その効果的な対策・リップケアの方法は?

By | 2014年10月30日

唇乾燥する季節になると、お肌の乾燥と共に唇の乾燥が悩みの一つになるという方も多いのではないでしょうか。

唇は皮膚に守られていないためとても薄く傷つきやすいので、少しの乾燥や外部からの刺激ですぐに荒れてしまいますね。

時には笑っただけで唇が切れて出血してしまったという経験をされた方も多いと思います。

そこで、唇の乾燥に悩む人にその原因や対処法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

唇の乾燥の原因

唇というのは、他のお肌と大きく違って粘膜でできているものです。

口の中の粘膜の部分と外の皮膚の部分のちょうど境目になっているため、皮脂を分泌するための皮脂腺が無く、油分を補えないため特に乾燥しやすい部分なのです。

その上、水分をキープするための角質層が薄いため唇にある水分がすぐに蒸発してしまうのも特徴です。

そのため唇の乾燥が激しい方の大きな原因と考えられるのが、唇を舐める癖や口呼吸です。

唇を舐めると一時的には潤いをキープできるものの、その後は余計に乾燥してしまいますね。

口呼吸の場合も唇の水分を乾かしてしまいます。

そして、唇に汚れや異物が付着している場合も唇の荒れの原因になります。

日頃からきちんと清潔に保つこと、そして自分に合ったリップクリームや口紅を使用するとこも大切です。

そして、体の内側から考えられる原因としては、ビタミン不足というのも大きな原因の一つです。

日頃の食生活の中で、必要なビタミンが不足していると荒れの原因に繋がります。

スポンサードリンク

その他には病気の可能性もあり、唇が荒れたりする症状が出る場合、胃腸が荒れていたり水分不足のサインというケースもあります。

そして、乾燥を伴う病気の可能性としては、糖尿病などが考えられたりもします。

 

唇の乾燥、荒れ対策

唇の乾燥を防ぐために、まずは舐めたり皮を剥いたり、口で呼吸する癖のある方はそこを改善する必要があります。

ビタミン不足が考えられる場合は、主にビタミンB2を補うことによって、粘膜や皮膚の荒れなどを改善することができます。

主にレバーなどに多く含まれているので、食卓にレバーを入れることをおすすめします。

 

リップケアの方法

そして、効果的なリップケアの方法としては、ハチミツを使用したケアがおすすめです。

ハチミツというのはとても粘膜の荒れなどに有効な成分です。

そのハチミツと保湿効果の高いワセリンを1対1で混ぜ合わせたものを唇に塗り、ラップなどでカバーします。

皮脂を分泌できない唇にとって必要なのは油分を補うことです。

そのために有効なワセリンなどをハチミツと混ぜることで、乾燥+荒れにとても効果が期待できます。

そのまま3分程度放置しておくだけで、唇パックの出来あがりです。

この方法を毎日行うだけでも唇の健康を維持することが期待できるので、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

唇というのは顔の一部なので、とても目に付きやすい場所ですね。

そのため荒れていると印象が悪くなったり、時には出血など恥ずかしい思いをすることもあるので、日頃からしっかりとケアしておきたいところです。

乾燥が特に激しく、すぐに乾いてしまう場合に有効なのが、マスクの着用です。

マスクをしているだけでもかなり乾燥が軽減されるので、お出かけの際はマスクを着用することもおすすめです。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)