北京観光 一日で回るおすすめスポット。中国観光はここに注意!

By | 2017年2月24日

中国観光のメインと言えばやっぱり北京観光!
一日で回るプランを中心に案内します。
古くからの都だけあって、町中にも風情があり観光もショッピングも楽しめるお得な街なんですよ!

スポンサードリンク

★第1章

北京観光 一日で回るには?

北京で一日時間が取れそう、どこへ行ったらよいかな?という方にお勧めなのはやっぱり万里の長城故宮です。

北京には観光地や面白い所がたくさんあるので、出来れば何日かとってゆっくり見ていただきたいですが、時間がなくてどこかピックアップ、というのなら、やっぱり万里の長城は外せません。

少しゆとりがあるならバスや列車も面白いですが、時間がないのならちょっと高くはなりますが、タクシーをチャーターするのがおすすめです。
7~8時間のチャーターで500元~1200元位ですが、内容や時期によっても変わるので、現地のホテルなどでチェックしておくのが良いですよ。
(1元=約16円・2017/02/24日現在)500元で8,000円位。)

 

北京市内から万里の長城までは車で約60分かかるので、往復で2時間~2時間半位見ておいて下さい。
万里の長城自体は大きな壁なので、ちょっと見てみたい程度なら大体1時間くらいで大丈夫なので、往復で3時間~4時間くらい見ておけばよいでしょう。

万里の長城にはいくつか種類があるので要注意です。

一番有名なのは「八達嶺」で、ロープウェーで上にあがり長城を実際に歩くことが出来ます。
傾斜がかなりあるので、足元は歩きやすい靴が必須です。

観光客が多いだけあってちょっとごちゃごちゃしており、長城自体も整備されていて観光地という感じです。

大抵の人は坂道が急なのであまり先まで行きませんが、ここは頑張ってちょっと先まで行ってみましょう。
15分~20分くらい行くと人もまばらになってきて雄大な景色が楽しめます。

 

どこまでも続く万里の長城を眺めていると人間の力ってすごいとしみじみ感じます。

他にも「慕田峪」という長城があり、こちらは規模が少し小さいものの人が少ないので
ゆっくり見たい方にはおすすめです。
タクシーで片道1時間半位の距離ですよ!

 

朝早く出て万里の長城を見たら、午後はやっぱり故宮です。
ここも外すことのできない場所です。

まずは天安門広場の入り口で車を降りて、天安門広場を歩いてみましょう。
テレビで見る以上に広くて、いつまで歩いても天安門に近づかない気分になります。

天安門についたら、よく見る毛沢東の絵もチェックしてみて下さいね。
あれは写真じゃなくて絵なんですよ!
縦は6mなので2階建てくらいあります。

 

故宮についたらまずは門の上に上りましょう。
実は天安門は一般観光客でも登れちゃうんです。
ここから天安門広場を見渡すと、ちょっと大物になった気分になれますよ!

 

天安門をくぐるとまず見えるのが太和殿
ちょっと昔NHKスペシャルで故宮をやっていましたが、そのオープニングでドーンと出てくる建物です。
中国に詳しくなくても見覚えのある建物だと思いますよ!

太和殿は重要な儀式や朝会を行った場所で、その前の広場に1万人が集まって跪いたと言われています。
故宮の中でもメインの建物です。

紫禁城の建物の屋根の上には神獣たちが一列に並んでいて皇帝を見守っていると言われています。
その数によって建物の重要度が分かると言われています。
10種類いるのが一番重要な建物だそうで、太和殿では10種類全部見ることが出来ます。
ぜひともチェックしてみて下さい。

 

故宮には重要な建築物の他、文物などが飾ってある展示場がたくさんあります。
実は文化大革命の時に価値があるものは台湾に運び出されてしまったので北京にはそれほど大したものは残っていないと言われていますが、歴史を経た翡翠や壺、書画はそれぞれ趣があります。

広すぎてなかなか全部は見られませんが、是非見ていただきたいのは時計館です。
素敵な懐中時計やからくり時計が集められている場所で水で時を知らせる時計がありますよ!

 

故宮の奥、西側と東側には小さな家が並んでいます。
こちらは当時の妃たちの居住地だった場所です。
今は文物陳列館になっていて、壺や書画など色々なものが展示されています。

西側に住んでいたのがあの有名な西太后です。
色々怖いエピソードの多い西太后ですが、故宮には彼女の写真も飾ってあります。
自筆の文なども展示してあり、実際はどういう人だったのか、じっくり考えてみるのも面白いと思います。

故宮の奥にはまた、西太后が珍妃を突き落として殺されたと言われる井戸などもありますよ。
思ったよりもひっそりとした小さな井戸ですが、当時の紫禁城を思うとかなり閉塞感のある場所だったと思われます。

館内はとても広くて半日だと見切れないので、まずはガイドブックなので自分が観たいところをピックアップして、そこから回るのが良いですよ!

スポンサードリンク

 

★第2章

北京観光でおすすめスポットは?

万里の長城と故宮以外にも北京にはいろいろおすすめの場所があります。

いくつかご紹介しましょう!

 

胡同めぐり

北京の観光のメインの一つでもある胡同めぐりです。
胡同というのは北京の路地裏のことで、昔ながらの四合院の残る街並みをリキシャで観光します。
歩いても大した距離ではないので、路地裏をあちこち歩いてみるのもおすすめです。
北京の道はまっすぐなのであまり迷いませんし、風情のある街並みや小さなショップを冷やかすのも楽しいですよ!

 

天壇公園

世界遺産にも指定されている公園です。
明代の皇帝が祭事を執り行った場所で、真ん中に立って声を張り上げると、上から声が聞こえてくる広場や壁に向かって話すと、声が反対側の壁の人に届くという場所などで有名です。

声や音がポイントになるので、にぎやかな昼間よりは、朝早くや夜遅くの人が少ない時間がおすすめです。

 

王府井

日本でいう銀座のような場所で、中国では「王府井=高級」のイメージがあるくらいです。
高級デパートが立ち並び、観光客でいっぱいです。
物価は高めなのであまり買い物には向いていないかもしれません。
王府井を抜けてちょっと行くと、屋台がたくさんある場所に着きます。
普通の屋台からサソリの串焼きまで、夜になると様々な屋台が並びますよ!
衛生的には怪しい所もありますので、食べるなら「熱いものを熱いうちに」がおすすめです。

 

西単

北京でショッピングと言えばやっぱりここ。
若者が買い物に来る町です。渋谷みたいなイメージでしょうか。
デパートや市場が立ち並び、値段も品質も様々。
今若者に何が人気があるのか知りたいのならこちらがおすすめです。
偽物も多いのでご注意を!

 

北京動物園

北京と言えばやっぱり北京動物園です。
北京動物園にはパンダがいますよ!
日本の動物園ではゆっくり見られませんが、北京動物園にはパンダが何頭かいますので比較的ゆっくり観察することが出来ます。

その他にも孫悟空のモデルになったと言われる金絲猿、四つの動物どれにも似ていないと言われている四不像など
日本では見られない動物がたくさんいますよ!
郊外にあるため移動にも時間がかかり、また園内が広いので、少なくとも半日、出来れば一日取った方が楽しめます。

北京は広く、観光地も割と点在しているので思った以上に移動に時間がかかります。
欲張って一気に見ようとすると疲れるので、1日1~2か所位を目安に予定を組むとよいですよ!

道中もいろいろ珍しいものがありますから、のんびり街を楽しんでください!

 

★第3章

北京観光の注意点は?

色々な観光地があって楽しい北京ですが、やはり注意しておかなければいけないこともあります。

まずは電動自転車
日本の電動自転車は速度の規定があり、一定以上のスピードが出なくなっていますが、中国の電動自転車は規定がなく、ほぼバイクのようなものもたくさん走っています。

実はこの電動自転車、あくまでも自転車のため交通規則がはっきりしていないのです。
そのため歩道を走ってきたり信号を無視したり傍若無人な走り方をします。

歩道を歩いていても注意が必要です。

 

また道路を横切るときも要注意。

観光地の大きな道路には信号や地下道があるので安心ですが、小さな道を横切るときは要注意です。
右折の車は信号関係なく右折してきますし、先ほどお話しした通り電動自転車が好き勝手に走ります。

この時慌てて走ってはいけません。
中国人は通常道路を渡るときに走らないので、運転している側も「走らないもの」としてペース配分して突っ込んできます。
そのため走ると却って危ないのです。

どうしても渡れない時は中国人にくっついて渡りましょう。

 

そしてもう一つ注意しておかなければいけないのがPM2.5です。
冬から春先にかけてひどくなるので要注意。
特に春は黄砂もあるので、喘息を持っている方や気管支が弱い方にはあまりお勧めできません。

新聞には毎日情報が出ます。
警報は青色→黄色→橙色→赤色の順でひどくなるので、橙色、赤色警報が出ているときは外歩きをしないようにしましょう。
どうしても外へ出なければいけないときにはマスクを忘れずに!

 

北京は比較的安全ですが、それでも夜遅く一人で出歩いたりすれば危険ですし、スリや泥棒もいますので、持ち物には十分気を付けて、知らない場所に一人で入り込まないように気を付けましょう。

 

★まとめ

北京観光のまとめまとめ

北京は歴史的な文物と新しい物が融合しているとても魅力的な都市です。
上海より規模が小さくて人も少ないですが、その分古い中国の面影が残っていてゆっくり散歩するのに適した場所もたくさんあります。

日本から4時間ほどで行けるので、是非一度訪れてみて下さい。

 

 数日の北京観光の見どころはこちら!

 

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)