おすすめのハロウィンのキャラ弁!初心者でもできます!

By | 2014年10月10日

ハロウィン今や日本の文化とも言えるお弁当作りの技術は、海外でも注目を集めるほどに各ご家庭でクオリティの高いものが作られています。

その中でも特に注目を集めているのがキャラ弁で、その可愛らしさと芸術性の高さは日本人が誇れる文化の一つと言っても過言ではありません。

さて、そこで今回注目したいのが、秋のビックイベントでもあるハロウィンのキャラ弁についてです。

お子様に喜ばれる今年イチオシのハロウィンのキャラ弁についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

子供に人気のキャラクターといえば?

子供だけでなく大人にも喜ばれる馴染のあるキャラクターといえば、やはりミッキーやミニーそしてプーさんなどのディズニーキャラクターが毎年人気のキャラとして注目を集めています。

ハロウィンのキャラ弁としては、ミッキーやミニーなどをオリジナルで仮装させてカボチャのオバケとセットにするのが一般的な作り方だと思います。

しかし、私がおすすめしたい子供に喜ばれるキャラ弁のキャラクターは、今年はぜひオバケキャラにピックアップして作ることをおすすめします。

最近では妖怪ウォッチなどのファンタジー作品のキャラの影響からか妖怪やお化けの類のキャラクターが子供たちから注目を集めています。

異界のものを可愛く表現することによって、子供たちの好奇心をとてもくすぐるようです。

そこで、ハロウィンの可愛いオバケをメインとしたキャラ弁の作り方をご紹介します。

 

オバケキャラの作り方

ハロウィンのオバケといえば、白くて足の無いオバケが黒い魔女の帽子を被っているのが印象的ですね。

スポンサードリンク

このお化けの作り方は至って簡単です。

1. まずはオバケの形のおにぎりを作り、海苔で顔のパーツを草食します。その時、全体のバランスを保つために左右対称に向かい合う形で二つ作っておくのがおすすめです。

2. 次に帽子の作成ですが、チーズに海苔を貼り合わせて黒い生地を作り、帽子の形になるようにカットして頭の上に乗せます。

これだけで充分にオバケのキャラは完成するのですが、そこでこだわりたいのが、ほっぺを赤く染めることでより可愛らしいオバケを演出することができます。

簡単にはケチャップがおすすめですが、周りの装飾などで使ったハムなどの切れ端を丸くかたどってほっぺに付けておくこともできます。

そして、真ん中にはやはりかぼちゃのオバケが必要になりますが、カボチャの作り方はさまざまで、一般的にはニンジンをカボチャの形にカットして海苔で顔を作ったり、カットだけで表情を作るのが手軽です。

中にはさまざま食材をカボチャの形にカットして、ピックで縦に三本線を入れることで、どの食材もカボチャに変身させることができます。

色とりどりのオバケで飾りつけるのも楽しさが溢れるキャラ弁になるのでおすすめです。

 

まとめ

ハロウィンといえど、オバケとカボチャだけにこだわることもありません。

その他のオリジナルのキャラクターを選出するとなれば、スカルや魔女そして黒猫などのキャラクターも人気があります。

基本的に黒とオレンジを使うとハロウィンの雰囲気が演出できるので、そこを意識した可愛いオバケキャラを作ることをおすすめします。

 

ハロウィンのイベントが楽しい!コチラ見逃せません!

≫≫≫ 2014年のハロウィンはusj

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)