断捨離のやり方!方法と順番。衣類が捨てられない!

By | 2015年11月28日

断捨離 やり方

世間じゃ、断捨離断捨離って言うけれど、もったいなくて、なかなかできないんです・・・という人も多いのではないでしょうか。

私も最初はそうでした。
でも、ものは考えようです。
だまされたと思って、私といっしょに断捨離やってみませんか。

スポンサードリンク

 

断捨離のやり方!もったいないけれど考え方次第!

さっそくですが、断捨離のやり方です。

まず、どうして捨てられないのかを考えてみましょう。

物がどんどん増えてしまい、押入れから溢れてしまった・・・なんてことになっていませんか?

押入れにしまいこんでいる物すべてを、今いつも使用しているかというと、たぶんそうではないと思うのです。
長らく使っていないけれど、押入れを占拠している物が意外とたくさんあるはずです。

では、なぜ使っていない物が処分されずに押入れに残っているのでしょう?

 

それは「もったいない!」からではありませんか?
さらに掘り下げてみますが、なぜ「もったいない!」のでしょうか?

ズバリ、「高かったから!」

高いお金を払って買った良い品なのだけれど、、、  ・自分にはどうも似合わない。
・使い勝手が悪い。
・サイズが合わなくなった。
・デザインが古くなった。
などなど。

本当はもういらないことは頭の片隅でなんとなくわかってはいるのだけれど、高いお金を払ったから、「もったいない!」と思ってしまうのです。

つまり、悔しくて処分できないのですね。

そして、「いつか、使うから!」

これが、もったいなくて捨てられない理由なのです。

悔しくて処分できない物をとっておくと何かいいことがあるんでしたっけ?
いつか使う物というのは、いつになったら使われるんでしたっけ?

なんとなく断捨離のやり方が見えてきたような気がしませんか。

では、少し視点を変えて考えてみましょう。

使わない物を保管するスペース、これはもったいなくないのでしょうか?

都内の1Rの賃貸マンションに住んでいるとします。
20㎡で月80000円の家賃だとすると、1㎡=月4000円ですね。

例えば2㎡の収納場所の半分を使わない物が占めていたとすると、使わない物のために毎月4000円の賃料を支払っていることになります!?

これこそ、もったいない!

 

断捨離のやり方は、物を中心に考えず、自分中心に考えてみてください。

今の自分にとってそれは本当に必要なものなのかどうか?

なかなか断捨離がうまくいかないのよ、という方には、どうして捨てられないのか原因を考えてみて、視点を変えてみるということをお勧めしたいと思います。

スポンサードリンク

断捨離の方法 どういう順番でやって行けばよい?

それでは、具体的な断捨離の方法、順番を確認しましょう。

1、 特定の収納場所の中身を、全部出してみる。
いっぺんにいろいろな場所をやろうとせず、1箇所ずつ攻めてみましょう。

2、 1で出したものを、次の3つに仕分けしましょう。
・今使っていて、今の自分に必要なもの
・今は使っていないもの、今の自分には必要ないもの
・どちらともいえないもの

3、 2でどちらともいえないものに仕分けたものは、しばらく時間をおいてから、もう1度仕分けしてみます。
今使っていて、今の自分に必要なものかどうか、自分中心に考えてくださいね。

4、 今は使っていないもの、今の自分には必要ないものを処分する。
<処分方法>
・欲しい人にあげる
・リサイクルショップやオークションで売る
・ゴミに出す

 

こんな順番で断捨離をしますが、一番迷うのは思い出の品や贈り物ですよね。

思い出の品や贈り物を断捨離する方法は、その品物のがそばにあることによって自分が幸せかどうかを考えてみるといいです。

思い出は、写真やビデオの中にも、自分の心の中にも残っていますよね。

なので、なんでもかんでも実物を残しておく必要はないと思います。

自分がその品物自体をそばに残しておくことが幸せなのであれば、大切にとっておきましょう。

贈り物については、自分のためにそれを選んで贈ってくれた方への感謝の気持ちと、贈られたことへの嬉しい気持ちを相手に伝えることが、一番大切なことです。

「せっかく贈ってもらったのに、処分したら申し訳ないよなぁ・・・」と、贈られた品物を見るたびに気が重くなるようなら、いただいたことに感謝をし、思い切って処分しましょう。

 

断捨離で衣類が捨てられない?

それでは、実際に衣類の断捨離やってみましょう!
断捨離で、衣類が捨てられないという方、多いですよね。

まず、先ほどの手順に従って、クローゼットの中の衣類をすべて出してみてください。

意外と着ていない服がたくさんあるのではないでしょうか?

出した衣類を仕分けしていくのですが、衣類の場合、1シーズン一度も着なかったものを、「今は使っていないもの、今の自分には必要ないもの」と判断するといいです。

また、サイズが合わないものは、迷わず処分ですよ。

とはいえ、ほとんど着ていない服などは、なかなか処分できないんですよね。

そういったものは、ほしい人にあげて喜んでもらったり、リサイクルショップやオークションで売ってお金に換えるという処分方法で、満足感を得ながら断捨離を進めましょう。

 

まとめ

なかなか断捨離がうまくいかないあなた!
いかがでしたか?今回は断捨離できそうではありませんか?

今の自分には必要のないものを処分したら、今度は、必要のないものを持たない努力が必要です。

本当に自分が必要なものだけを買うようにしましょう。
粗品なども、本当に自分が必要なものだけをもらうようにしましょう。

結局後で捨てなければならないようなものは、最初から持たないという心がけも、断捨離のポイントです。

断捨離は、物そのものではなく、自分のために行い、身も心もスッキリ軽やかになりましょう!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)