ニキビ改善の方法は生活の中に?食事や化粧品は何を?

By | 2015年10月1日

ニキビ改善

20代頃からできる大人ニキビ。思春期のにきびとちがって、厄介です。特に女性は、メイクもしますし、ニキビがますます悪化する可能性があります。

スポンサードリンク

 

このまま、一生にきびが治らなかったらどうしよう・・・そう思うと不安で、鏡を見るたびにため息が出ますね。
ここではそんな大人ニキビを何とかしたい方に、いろんな方法を教えちゃいます。

 

ニキビ改善の方法は生活の中に!

ニキビの改善方法をお教えする前に、にきびの原因と、にきびのできるメカニズムについて少しお話したいと思います。

大人にきびとは、20歳以上の人がなるにきびです。あごのラインあたりや、口まわりに出来やすいニキビです。
原因は、多岐にわたっておりホルモンバランスの乱れ、ストレス、疲れ、偏った食生活、肌の乾燥、喫煙・飲酒、紫外線などがあります。

これらの原因によって、皮膚の新陳代謝(ターンオーバーといいます)がうまくいかなくなります。
それにより毛穴の出口の角質が厚くなったままはがれずに、毛穴をふさいでしまい皮脂腺に溜まった油が充満してしまいニキビができます。

この状態のニキビは、脂がたまっているだけなので、少し膨れていますが膿んでないので、この段階で進行を止めることが大切です。
膿んでいないので、跡も残りにくいですし、治りも早いです。

ここから、ニキビが進行すると、溜まった脂にアクネ菌が繁殖し化膿します。いわゆる赤く腫れて赤くなり、触ると痛いです。この炎症が起こった時は、でこぼこして、跡になりやすいのです。

ニキビができやすいのは、次のような時です。
 ストレスを感じたり睡眠不足の時。
 排卵期と呼ばれる、生理の2週間前頃から、生理が始まるまでの間にできやすいです。
胃腸の調子が悪いとき。

 

そんなニキビの改善方法ってどんなものがあるのでしょうか。

 睡眠時間をしっかりとりましょう。肌が修復や再生されるのは、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって行われています。
特に、22時~2時の間は、肌のゴールデンタイムと言われていて眠っていることが大切と言われています。

 メイクの種類に注意しましょう。特に油分の多いファンデーションは毛穴をふさぐのでにきびが出来やすくなったり、できたにきびが悪化する可能性があります。
また、メイクは、しっかりと落としましょう。

 適度に身体を動かしましょう。運動で代謝があがり、正しい周期で肌のターンオーバーがされると、いらない角質が取り除かれ、皮脂腺にたまった脂の排出がうながされます。

つまり、にきびの改善方法は、規則正しい生活と肌を清潔にするということが大切だと言えます。

 

ニキビ改善のための食事やサプリは?

つぎに、ニキビを改善するための食事はどのようなものがあるのでしょうか。
人間の体は、は食べたもので作られています。
ですので、食事はニキビにとって、何かしらの影響を及ぼすといえるでしょう。

たんぱく質やビタミン類をたくさんとれる食事をすることは、ニキビを改善するといわれています。
肌が蘇るターンオーバーを促す栄養は、たんぱく質が大切になります。たんぱく質は、皮膚、髪の毛、筋肉、臓器など私たちの体を作っている成分です。

また、ビタミン類には、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンEなどがありますが、ビタミンCは、ニキビの原因でもある活性酸素を除去したり美白効果も期待できます。
ビタミンBは、脂質を活発に燃焼しにニキビ原因である皮脂を燃やすといわれています。
ビタミンAは、目の健康維持や皮膚・粘膜の免疫力を高め、外部からの病原菌やウイルスの侵入防いだり、日焼けで荒れた肌をケアする効果が期待できます。
ビタミンEは、抗酸化作用があり、にきびの原因になる活性酸素を抑えたり、肌荒れ、肌のくすみや冷えに効果があるとされています。

たんぱく質の多い食べ物:肉、魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐、大豆製品など。

スポンサードリンク

ビタミンAの多い食べ物:牛乳、、卵、鶏レバー、にんじん、小松菜、にら、ほうれん草、うなぎなど。

ビタミンB2の多い食べ物:牛乳、ヨーグルト、卵、レバー、豚肩ロース肉、うなぎ、いわし、納豆など。

ビタミンB6の多い食べ物:卵、鶏肉、レバー、いわし、まぐろ、さんま、鯖、かつお、大豆、さつま芋、バナナなど。

ビタミンCの多い食べ物:レモンなどの柑橘類、、柿、イチゴ、キウイ、小松菜、ブロッコリー、ピーマンなど

ビタミンEの多い食べ物:抹茶、ブリ、ウナギ、アーモンド、アボカド、ほうれん草、カボチャ、モロヘイヤなど。

このようなたんぱく質やビタミン類を多く含む食事をとるように心がけることがニキビを改善すると言えます。
サプリメントで補うのも同じことが言えます。

逆に、注意しなければならない食事は、糖分と揚げ物です。 糖分や揚げものを摂りすぎると、皮脂が過剰に分泌され毛穴を詰まらせます。
そこにアクネ菌が皮脂を食べ繁殖すると、ニキビの炎症が強くなりにきびが悪化しやすくなります。

 

ニキビ改善に良い化粧品は?

ニキビの改善として、最後にどのような化粧品を使用したらよいのでしょうか?

ニキビには、洗顔がとても大切です。ですが、ニキビがある方は、比較的強い洗顔料を使っている場合が多いのです。
これは、にきびの原因である皮脂をおとすために、強い洗顔料を使用しているのだと思いますが、強い洗顔料を使ってしまうと、角質を角化しやすく、角質が増殖しやすいのでおすすめできません。

まず洗顔は、脂を溶かして落とすことが大切です。
さらに大人にきびは、肌が乾燥して肌が弱りにきびが出来やすくなっている場合がありますから、保湿も大切なのです。
ここに、おすすめのニキビの改善が期待できる洗顔料、保湿ができるとされるトータル化粧品を2つご紹介します。

 

ルナメアAC:大手化粧品の富士フィルムから2013年7月発売されたニキビ洗顔料です。
有効成分はサリチル酸とピーリング効果で皮脂やアクネ菌を落とします。
通販限定・初回限定でルナメアAC 1週間お手入れキット、税別1000円がおすすめです。
ニキビケアに必要な洗顔料「あらう」、保湿液「うるおす」、クリーム「つつみこむ」が1週間試せますから、まずはこちらで試してみてもいいですね。


フジフイルムから新発売!ルナメアAC1週間お手入れキット

NOV(ノブ) ACアクティブ:臨床皮膚医学に基づき生まれたにきびケア商品で、病院でも勧められています。
街の、調剤薬局でも置いている所が多いですよ。
優しい刺激のマイルドピーリング効果によりニキビ原因の1つである毛穴の黒ずみや古い角質が除去されるようです。
ビタミンC誘導体が配合されているためニキビだけでなく、シミ、そばかす、ニキビ跡にも効果が期待できます。
ニキビケア商品はさっぱりしていて保湿力が少ない商品が多いですが、こちらは、ヒアルロン酸・セラミド+リピジュア配合で保湿効果も期待できます。
初めての方は、ノブ ACアクティブトライアルセットがおすすめで、1週間のトライアルセット、税別1500円です。

自分に合ってるかどうか?トライアルセットはそれを試せるのがいいですね。


【Nov】 敏感肌のスキンケア

まとめ

ニキビの原因を理解して、規則正しい生活や、ニキビによい食事をとり、にきびに効果的なスキンケアを続けることで、ニキビから解放されたいですね。
もうあなたも、ニキビ肌とさようならして、美しい肌で過ごしませんか。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)