バイクの防寒対策でインナーはどんなものを?足首、首、顔は?

By | 2015年9月23日

バイク防寒

バイクって、かっこいいし走ってて気持ちがいいけど、冬はとにかく寒さとの戦い!ですよね。
寒空の中を風をきって走るので、その寒さといっちゃ半端ないですよね~。
たくさん着こむと、服がかさばって運転しにくいし、どうしたら寒さを防げるのか迫ってみたいと思います!

スポンサードリンク

 

バイクの防寒対策でインナーはどんなものを?

バイクに乗る皆さん、バイクの防寒対策としてインナーは、どうされてますか?
インナーは、直接肌にふれる部分だけに、とっても重要なんですね~!
上だけじゃなく、足もアンダーパンツでガードしなきゃ寒いですよ~。
ここでは、インナーを選ぶときのポイントをまとめてみましたよ♪

 

1、 まず、肌に密着していること。体温を逃がさないようにするためですよ。

 

2、 素材に気をつける。あったかいインナーは、多種販売されてるけど、素材は、大切なんですよ。
バイクの場合、自分で汗をかいて動くことはなく、じっと寒さに耐えるので、体を動かして汗をかくことがないですよね。
特に、レーヨンが入ってると温かいし、肌触りも良く、吸水性が高いのでいいみたい。
逆に、登山なんかでは、汗をかくので、乾くのが遅いレーヨンが入ってると、汗冷えするので注意が必要です。

 

3、 体温が逃げやすい手口と首周り、足首が詰まったものがいい。
上着で手首と首周りをがっちりガードすればいいんだけど、インナーもできれば、スカスカしてないほうが、防寒になりますね。

 

バイクのツーリングなら、温かいインナーを着こんで繰り出せるけど、通勤でバイクを使う場合は、出勤してから、室内で上下ヒ―トテックだと汗をかいたりするから
その場合は、出勤してから着替えたりして、上手に使い分けて下さいね!

ちなみにオススメインナーを少しご紹介

モンベル(mont‐bell) ライトネオプレン ロングスリーブ グレー : ストレッチ性は、抜群。0.5mm厚の極薄ネオプレンを使用。快適性と保温性を実現。ちなみに、インナー下もありますよ。

 

iHEAT(アイヒート) : 吸収した汗で発熱するすごいインナー。+3℃を体感できます。

 

ミズノ ブレスサーモ : 画期的な吸湿発熱機能。身体から出る水分を利用し吸着熱で服内の温度を約2℃高めます。
さらに、服内の湿度を約20%抑え、ドライ感を保ち、衣ムレ感、体の冷えを最小限に抑えちゃいます。

他にもいろんな、インナーが出てるので、予算や肌触り、機能を確認して選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

 

バイクの防寒対策 足首が冷たい!

寒い時のバイクは、地獄だけど寒い部分のベスト3に入るのが、足首なんじゃないでしょうか?
冬は、足元からヒンヤリしてくるのに、ましてや極寒の中をバイクで走ろうものなら、足の感覚がなくなりそう・・・ですよね。

ここでは、オススメの足首防寒対策を伝授しちゃいましょう!

1、まず手っ取り早いのが、防寒靴下ですね。バイク用の防寒靴下もあるけど、作業着専門店は、靴下の上に履くアウターソックスも販売してますよ。

おススメなのを少しご紹介しちゃいましょう。

コミネ  ネオプレーンウォームソックス  :  防水性、機密性は、ばっちりだけど蒸れるのが難点。

モンベル クリマプラス100 ソックスフィット : 全面がフリースなので温かく、縫い目がなくてごろつかないんです。フィット感も抜群!

ラフ&ロード エマージェンシーシューズカバー : 靴の上から薄タイプ。薄手で、携帯にも便利♪

 

2、次に、靴自体を防寒のものにするなら、ブーツですね。ツーリングにはいいけど、通勤するには、ちょっと難しいかも。

ガエルネ タフギアフラット : バイクの運転にもってこいの機能

靴って好みがあるし、ブーツタイプのものは、大型バイクだと、ギアチェンジするのに引っかからないようなものがいいですよね。

靴下か、靴で、足元の防寒対策は、ばっちりですね。

 

バイクの防寒対策 首や顔は?

バイクのヘルメットをかぶっていても、まともに風邪を受ける顔や首は、やはり寒すぎ~・・・。
最後に、首や顔の防寒対策を伝授しちゃいます☆

冬場のヘルメットは、やはりフルフェイスですね!ヘルメットの中でも、防風機能の備わったものもあるんですよ♪

アライのツアークロス3 : このヘルメットは、防風機能がついてます

それと、首の防寒対策としてかかせないのは、ネックウォーマーですよね!首を冷やすと風邪をひきやすくなっちゃうから、しっかりと防寒対策しなきゃですね!
バイク用のネックウォーマーは、風を通しにくくなってて温かいですよ~。

 

ちなみに、こんな感じです。

コミネネオプレーンフェイスウォーマー : 耳から首周りまでガッチリガード!肌触りも抜群。

ゴールドウィン光電子フルフェイスウォーマー : これだけかぶると、強盗!?って思っちゃう感じだけど、すっぽり被るから、顔、頭、首まで温かいんです。

首や顔は、ネックウォーマーとヘルメットで防寒対策しちゃいましょう!

 

まとめ

寒くても走りたいバイク好きさん、バイクしかないから寒いのを耐えながら乗るバイク通勤族・・・いろいろいるけど、寒いには変わりありませんよね!
今回ご紹介した、防寒対策グッズで、冬のバイク生活を乗り切って下さいね!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)