マレーシア観光のおすすめはクアラルンプール!シーズンとホテルについて!

By | 2015年9月1日

マレーシア クアラルンプール

マレーシアはアジア圏なので日本から7時間前後で行くことが出来、かつ時期や航空会社を選べば、安く行くことも可能なんです。年中温暖な気候と生活には不便しないほど発展しているので、子供でも高齢者でも旅行しやすい!また日本と同じ米を主食とする食文化なので、食べるものが…と躊躇する人にとってもなじみやすい!

スポンサードリンク

そして世界的に有名なマレーシアの格安航空会社エアアジアも羽田、成田、関空を就航しており、2015年10月からは札幌便も就航予定。もっと訪れやすくなるに違いありません。

 

マレーシア観光のおすすめはクアラルンプール!

 ペトロナスツインタワー: マレーシアの大都市といえばクアラルンプール。そのおすすめ場所は、もちろんペトロナスツインタワー。ツインのタワーとしては世界一を誇るんですよ。

主にオフィスビルですが、観光客でも41階スカイブリッジに上り、景色を堪能することも出来ます。またその下にあるスリアKLCCショッピングモールで買い物を楽しみ、更に連結する水族館も楽しむことが出来る、まさに一日ではたりないくらいの観光名所なのです。

 

 マスジットジャメ: 次のお勧めは、マスジットジャメ。ここはLRTマスジットジャメ駅で降りるとすぐに行ける便利のいい観光名所がたくさんあるのです。主要出口は4か所ありますが、そのうち一か所はクアラルンプールで最古のモスクがあり、イスラム系の下町情緒たっぷり。反対側に出ると今度はインド系の露店がたくさんひしめいている!。お土産を見るのもよし、食べ歩きをするのもよし、一日楽しめますよ。

 

 旧連邦事務局ビル: またここから200mの距離には、独立広場や建築が美しい旧連邦事務局ビルがあります。この周辺はよく道路を閉鎖して祝日前にはイベントも催されるところ。運が良ければ、イベントも見ることが出来ますね。

 

 チャイナタウン: そして多くの中国系の露店が立ち並び、地元の食べ物を味わったりすることが出来るチャイナタウンも徒歩圏内です。バックパッカーも多く、夜になるほど元気になる街でお勧めです。

 

 

マレーシア観光のおすすめシーズンは?

マレーシアは年中気温差がないので、年間を通し旅行しやすい!

クアラルンプールを含む西海岸は5月~9月が雨が多い時期になりますが、年中スコールはあるので、あまり気にしなくてもいいですよ。マレーシアの雨は、日本の梅雨とは違って、午前中~午後の初めは比較的、天気が良くて、夕方にザーッとスコールが降るということが多いです。

でも東海岸を回ろうと思っている人は11月~3月のモンスーンといわれる時期は避け方がいいかも…。なぜならせっかくの旅行も雨によって楽しめなくなります。一般にローシーズンになるとホテルは安くなるといわれますが、島の場合はクローズしてしまうこともあるので注意が必要ですね。

スポンサードリンク

そして最近言われるのが、ヘイズ
日本ではなじみのない言葉ですが、マレーシアでは今日はヘイズがひどい!とよく挨拶の代わりにいわれるほど。これは微粒子によって視界が悪くなる大気現象のことを言います。マレーシアのヘイズは、インドネシアの焼畑農業が原因といわれ、特に7月、8月にかけて悪化します。
旅行中に、朝起きたら、外が少し煙くさい、視界が悪くて遠くが見えないなど悪影響でることも。また気管支が弱い人は咳が続いたりのどの痛みを感じることも。

ヘイズの現象は、マレーシア全土で見られますが、土地によってはその差は歴然です。島などに行けば、観測すればヘイズ数値は観測できるものの景色には全く変わりのないこともあるのです。だから行ってみないとわからない!視界が悪くても飛行機には何の影響もないのでご安心を。また気になる人はマスクを持っておくといいですね。

 

マレーシアのおすすめホテルは?クアラルンプールで!

トレーダーズホテル: マレーシアでお勧めのホテルの一番はトレーダーズホテル。ここのホテルの設備でみんなが素晴らしいというのが、33階にあるスカイバー。特にそこからの眺めが最高なのです。景色がよい場所に座ってお酒を楽しむなら予約はマストですよ。
≫≫≫ トレーダーズホテル ホームページ

そして部屋もデラックスツインタワータイプに宿泊をすると目の前にツインタワーが見え、夜景を楽しむことができます。

 

ヒルトンホテル クアラルンプール: 次にお勧めはKLセントラル駅の目の前にあるヒルトンホテルです。ここは、なぜお勧めなのか?それは便利がよいということです。KLセントラル駅はクアラルンプール内でも各種電車が乗り入れをしていてハブ駅になっています。もちろん空港からの電車もここから。そしてなんと30分という距離なのです。そのために時間が限られている人やほかの移動も電車でこなそうと思っている人にとってはとってもありがたいホテルなのです。

≫≫≫ ヒルトンホテル クアラルンプール

また昨年、KLセントラル駅に直結してNU Sentaralというショッピングモールがオープンしました。お土産を買うのはもちろん、地元のものが売っているスーパー、そしてローカルフードも食べることができるフードコートもあります。一日中楽しこともできるのですね。

 

パークロイヤル サービスド スイーツ クアラルンプール: 最後のお勧めはパークロイヤル サービスド スイーツ クアラルンプールです。ここのホテルは屋台街で有名なジャランアローやマレーシアの若者が訪れる繁華街ブキビンタンなどから近く、ここに宿泊すると主要な観光箇所はすべて回れるといっても過言ではないでしょう。またサービスアパートメントなので、ホテルよりも広く、キッチンなどもそろっています。ちょっと騒いだって安心!そのため家族連れにお勧めですよ。

≫≫≫ パークロイヤル サービスド スイーツ クアラルンプール

まとめ

クアラルンプールの魅力は、温暖な気候、そして充実したホテルライフ、そして多民族国家なので、マレー文化、中国文化、インド文化などすべてが楽しむ事ができるということでしょう。百聞は一見にしかず、是非一度訪れて実感してみてください。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)