アパリゾート上越妙高のイルミネーションギネスとは?期間2015と宿泊

By | 2015年8月19日

上越妙高のイルミネーション

アパリゾート上越は新潟県妙高市にあります。

妙高市は日本百名山でもある妙高山の裾野に広がる雄大な自然に育まれた「上信越高原国立公園」があり、四季折々の美しい景色やいろいろな種類の温泉、豊かでおいしい山の幸など楽しむところがたくさんあるので、夏は登山を始めいろいろなアクティビティースポーツが楽しめ、冬はスキーなどのレジャーが楽しめます。
その中でもアパリゾート上越はリゾートを一番に満喫できる場所のひとつで、特にイルミネーションは他では味わえないものなので一見の価値のありでおすすめですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アパリゾート上越妙高のイルミネーションギネスになった見所は?

昨年妙高の新名所となったアパリゾート上越のイルミネーションは、東日本最大級といわれていて旧ゴルフコースを利用して作られたものなので、その広大な敷地と傾斜をうまく利用して作られたイルミネーションは見るものを圧倒するほどに迫力のある大規模イルミネーションになっています。
夏と秋の開催され各エリアごとに大スケールのイルミネーションが楽しめると話題にな
り全国から多くの観光客が訪れるイベントです。

今年の7月1日からグランドオープンする

「アパリゾート上越妙高イルミネーション2015Myoko Happiness Illuminatyon~幸せを呼ぶ光の双龍~」

を描くLEDライトを使用した地上絵で、「LEDライトで作った最大のイメージ(Largest image made of LED lights)」の達成に向けたギネス世界記録に挑戦した結果、1,529,103球でギネス新記録を達成しました!
それまでのギネス記録は2014年11月27日に、オーストラリアのキャンベラで達成した1,194,380球だったので、この記録を見事に上回ることができたということは、ものすごい快挙を達成したのですね。
LEDの数だけを聞いてもイメージがわきませんが、とにかくすごい記録だということはわかります。
今年の6月28日に審査を行い、6月29日にギネスワールドレコーズリミテッド公式認定員の結果発表と公式認定証が授与されたそうですよ。

 

今年の見所は

まず今年から新エリアが加わりました。

「水と光と映像の幻想ショー」は幅40メートル、高さ18メートルの巨大な水のスクリーンに、龍が映し出されるウォータープロジェクションプロジェクションマッピングが登場します。
ウォーターマッピングとは季節や天候などで演出が変化する仕組みで、通常バージョンのほか雨の日バージョンなどがあり、9月からは秋バージョンも登場するそうなので、楽しみですね。各バージョン全部を制覇したくなりますね。

また世界初となる、紙のように薄い有機EL照明を使い作り出された龍が登場します。
この龍は見る角度によって色彩が変化するという世界初の新しい照明で、様々な角度から雰囲気の変わる龍を楽しめます。
また、ここでは売店のフォトスポットでアクションすると有機EL龍が反応する参加型の仕掛けもあるので是非一緒に参加して楽しみたいですね。

また300メートルにもわたる「虹龍(こうりゅう)の光の大トンネル」なども加わってさらにパワーアップした見ごたえのあるものになっています。

そしてメイン会場では、上杉謙信ゆかりの赤色の羅紗に刺繍された“のぼり龍”と“くだり龍”が大空を駆け巡るのをイメージして作られた「光の双龍」~双方向グラウンド(地上絵)イルミネーションが登場します。
広大な敷地のグラウンド一面に美しく広がっている龍の姿は、青や紫のLEDをふんだんに使っています。
特に龍の顔部分には赤いLEDとなっており迫力もありながら、歴史も感じることのできる幻想的な世界へ見るものを誘ってくれるたたずまいです。

 

このイルミネーションをぜひ見に行きたいものですが、開催期間はいつまでなのでしょうか?

 

妙高イルミネーション期間2015年を教えて?

イルミネーションの2015年の日程は次のようになっています。

開催期間  7月1日(水)~11月15日(日)~毎日開催

サマーイルミネーション

開催日 7月1日(水)~8月31日(月)
時間  17:30~22:30(最終入場22:00)

 

オータムイルミネーション

開催日 9月1日(火)11月15日(日)
時間  17:00~22:00(最終入場21:00)

イルミネーションの見ごろの時間帯は
8月は19:30ごろ  10月は17:30ごろになります。

 

なお毎週土曜日は花火が打ち上げられています。
打ち上げ時間は20:30ごろで約60発で時間にして1分間くらいです。

 

入場料(一人 税込み)~小学生以下は無料です

・当日券…一般1200円・小学生1000円
・前売り券…一般1100円・小学生900円

スポンサードリンク

なお前売り券には特典付きとなっています。

当日の屋台や売店で使える50円割引券3枚と、優先的に入場できる優先入場券がセットになっているので前売り券を購入したほうがお得感がありますね。

 

前売り券購入場所
アパホテル全店(フロント)
ローソンチケット(ローソン・ミニストップ)
チケットぴあ(セブンイレブン・サークルKサンクス)
イープラス(ファミリーマート・セブンイレブン)

 

注意点
連休や花火開催の日は混雑が予想されます

会場には日帰り専用の駐車場もありますが、200~300メートル歩きます。
この駐車場がいっぱいになるともっと離れたところに車を止めて、シャトルバスで会場まで行かなくてはならなくなります。
シャトルバスはおよそ6分おきに出ていますが、早めに入場してイルミネーションを見てから、花火までの時間は屋台で何か食べて過ごしたほうが、ゆっくりと行動できると思います。

また、当日の天候によっては時間などが変更になる場合がありますので、事前に確認しておいたほうがよいですね。

夏でも秋でもにそれぞれの季節を感じながら、幻想的な時間を過ごしたいものですね。

 

上越妙高の宿泊は?

アパリゾート上越妙高は本館とアネックスがあります。

本館(アパホテル&リゾート)は全138室あり、全室から日本百名山でもある妙高が一望できます。
また、2015年4月16日に全室リニューアルしており、1Fには大浴場が、ゴルフスターターも備えているので、ゆっくりゴルフも楽しむことができるように配慮されています。

 

アネックス(アパホテル&アネックス)は全87室あり、明るくカジュアルな内装になっており、グループ旅行などに最適です。

チェックイン  15:00
チェックアウト 11:00

駐車場1200台

部屋の種類

洋室(シングル・ツイン・ダブル・スイート)・和室・和洋室

料金は一泊二食付きで約9000円~ですが、シーズンや宿泊日などによって変わります
ホテルおすすめのプラン(ゴルフパックなど)もあるようです。

夏はレジャーなど、冬はスキーも楽しめますし観光地も近いので便利ですね。

住所

〒949-2224
新潟県妙高市桶海1090

電話0255-82-4111
FAX0255-82-4011

アクセス

車の場合 「長野方面より」 上信越自動車道「妙高高原I.C」から国道18号線で18      キロ(やく25分)
「北陸方面より」 上信越自動車道「中郷I.C]から国道18号線で14キロ
(約20分)

JR利用の場合

「東京方面より」 北陸新幹線ーJR「上越妙高駅」下車
「北陸方面より」 北陸新幹線ーJR「上越妙高駅」下車
「名古屋方面より」中央本線ーJR「長野駅」-北陸新幹線ーJR[上越妙高駅」

北陸新幹線が開業したことにより、以前よりもアクセスが良くなり時間も短縮されたことによって、ぐっと近くなったので気軽に行かれる場所になりましたね。

 

 

その他にも妙高にはいくつも宿泊施設がありますが、アパホテル近郊の宿泊施設を2ヶ所紹介します。

赤倉観光ホテル

住所 新潟県妙高市田切216
電話 0255-87-2501
宿泊料金 11667円~
チェックイン 14:00  チェックアウト 12:00

 

香嶽楼

住所 新潟県妙高市赤倉115
電話 0255-87-2036
宿泊料金 6500円~
チェックイン 14:00  チェックアウト  10:00

 

まとめ

夜景評論家 丸々もとお氏プロデュースによるイルミネーションはぜひ一度は見ておきたいものですね。
ギネス認定になったということですが、このイルミネーションを作ったスタッフの方はさぞかし大変だったのではないかと思うのは私だけでしょうか?

夜に幻想的に浮かび上がる光の饗宴は訪れた人を魅了して、しばし現実世界を離れて幻想の世界に誘ってくれることでしょう。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)