さつまいもダイエットの方法は?カロリー高そうだけど効果は

By | 2015年7月25日

さつまいもダイエット

秋が近付くにつれて美味しくなってくるさつまいも。

最近ではそんなさつまいもを使った「さつまいもダイエット」が話題になっています。

しかし、さつまいもといえば甘くておやつ感覚で食べるイメージが強いものなので、本当にダイエットに役立つのかどうかいまいち納得ができない部分もありますね。

さつまいもはスイーツとしても人気のある食材なので、嫌いな女性は少ないものだと思いますが、ダイエット中にそれを毎日食べるとなると抵抗がありますよね。

そこで、このさいつまいもダイエットが本当に効果があるのか、その方法や気になるカロリーについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

さつまいもダイエットの方法は?

まずはさつまいもダイエットに取り組むに当たって一体どのような手段でさつまいもを利用するべきかというところをご紹介したいと思います。

その方法とはずばり「主食に置き換える」というだけの簡単な方法です。

普段食生活の中で主食としているごはんの代わりに焼いたり蒸したさつまいもを代用することで、さつまいもダイエットはスタートするのです。

しかし、ダイエットとして利用するにはもちろんいくつかの注意点があります。

 

1. 一食で食べるさつまいもは150g

さつまいもはご飯よりもカロリーが低い分置き換えとして効果的ですが、糖質も含まれていますので食べ過ぎは禁物です。

さつまいもに含まれている食物繊維は、便秘の人にとってはとてもありがたいものですが、摂取しすぎると逆にお腹の調子を崩したり、炭水化物と糖質を摂り過ぎて太ってしまうこともあります。

ですから食べ過ぎ防止するためにもあらかじめ150gと決めておくことがポイントです。

 

2. よく噛んで食べる

さつまいもを食べる際に気を付けておきたいのは、よく噛んで食べるということです。

消化が良いのがさいつまいもの特徴ですが、さつまいもには水分が少ないのでしっかり噛んで食べないと食道でつかえてしまったり、便秘を起こしてしまうこともあります。

ですから食べる際は水分を摂り入れると共にしっかり噛んでから食べることが大切です。

 

3. 調理は蒸すか焼くだけ

主食と置き換えるということで、飽きないように調理をしてから食べようと考える人もいるかと思いますが、調味料などは一切使わずに焼いて食べるか蒸して食べるのが一番です。

スポンサードリンク

さつまいもには充分な糖質が含まれているので、間違っても砂糖を使った調理をして食べるということはダイエットに逆効果なのでNGです。

こういった点に注意しながら毎食さつまいもに置き換えることでダイエット効果が期待できるのです。

 

さつまいもダイエット カロリーが気になります。

さつまいもの置き換えダイエットをするに当たって、一番心配なのはそのカロリーですね。

甘くて美味しい分それなりのカロリーがあるのではないかと心配になる方も多いのではないでしょうか。

しかし、意外にもさつまいものカロリーというのはごはん一杯分よりも少ないというのが事実です。

さつまいも150gあたり約190カロリーだと言われています。

それに対してご飯150g(一杯分)あたり約250カロリーもあるのです。

さつまいもの方がカロリーは少なくそしてその他の栄養価も豊富に含まれているためダイエットには向いているということです。

その上腹持ちが良いことからいつも間食ばかりしている人にとっても長時間空腹に耐えられるのが特徴です。

 

さつまいもダイエットの効果を教えてください

気になるさつまいもダイエットの効果についてですが、こればかりはどれくらいで結果が表れるかというのは人それぞれです。

ですが、比較的早く結果が出る体質の人は、便秘症による溜め込み型の体型の人のようです。

便秘が解消されお腹わまりがスッキリしたことによって、体重は落ちウエストが細くなるといった効果が期待できます。

さつまいもダイエットの最大の魅力はその豊富な食物繊維とカリウム、カルシウムなどのむくみに効果のある栄養が含まれていることと、消化吸収がゆっくりで糖質の吸収を抑えてくれるので太りにくい体質になっていくとされています。

ですから便秘で悩んでいる人には効果が早く期待でき、それ以外の成功者はおよそ1か月~2か月程度続けてダイエットの効果を実感されるようです。

腹持ちが良いところから普段お腹が空きやすくておやつばかり食べている人ならば、間食の量も減り糖質も抑えられるのでさつまいもダイエット向きであると思います。

中には1か月で6.5キロ落としたという人もいるので、さつまいもダイエットが体質に合っているという人にとっては効果が期待できます。

 

まとめ

美味しく食べながら少しずつ痩せることができるというのはとても魅力的なダイエット方法ですね。

しかし、美味しいからといって食べ過ぎは禁物です。

少しの間違いでお腹の調子を崩しやすかったりというデメリットもあるので、食べ方の注意点をしっかり守って取り組んでみてください。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)