ハロウィン仮装の子供用は?レンタルや手作りの方法は?

By | 2015年7月23日

ハロウィン 仮装 子供

年に一度のハロウィンイベントは、今や日本人にとっても馴染の深いものになりつつあります。

例年10月頃になると、各地で行われるハロウィンイベントに向けて、仮装のネタに悩む人も多いのではないでしょうか。

中でも人一倍悩むのは、子供に着せるハロウィン仮装のコスチュームですね。

スポンサードリンク

 

幼少期と言うのはあっという間に過ぎてしまうものです。

ですから今しかできない可愛らしい仮装というものにこだわりたいところです。

しかし、ハロウィンの仮装というのは、年に一度しか着る機会もなく、子供の場合は成長が早いので来年も着れるということはありません。

当然、それ専用の服を買うのは勿体ない気がしますね。

そこで、ハロウィンで仮装する子供用の衣装を借りるためのレンタル方法や手軽に作れる手作りの衣装などについてご紹介していきたいと思います。

 

ハロウィン仮装の子供用はどんな格好が人気?

まず、ハロウィンの衣装選びのために一般的に人気のある子供の仮装についていくつかご紹介しておきたいと思います。

ハロウィンの女の子に人気の仮装といえば、大人子供問わず多くの女性が憧れる「魔女」そして「プリンセス」などが圧倒的な人気を誇ります。

しかし、それはただの魔女やプリンセスではなく、ディズニーをモチーフにした衣装などが人気で、ミニーやデイジー衣装などにハロウィンのオバケ要素を追加したものが好まれています。

男の子の場合もディズニーの要素を取り入れるのは人気ですが、コンセプトとしては「海賊」や「ドラキュラ」などのキャラクターにディズニー要素を追加したものなどが多くの方に好まれています。

あとは、男女問わずカボチャに見立てたキャラクターなども流行問わず人気です。

 

ハロウィン仮装レンタルするには?

では、そこでハロウィンの衣装をレンタルするにはどうすればよいのでしょうか?

お近くのお店と言っても全国どこにでも仮装用のレンタルができるお店があるわけではありません。

そんな方々が利用するのがオンラインのレンタルショップです。

ハロウィンのレンタル専門店ではなく、ハロウィンにこだわらず衣装のレンタルをしているサイトで、シーズン前に開始されるハロウィン特集のレンタル衣装を借りるという手段があります。

衣装レンタル専門店

 

もちろん買い取りの場合は、ハロウィン専門の通販ショップなどもあり、安価なものであれば構わないという人には、そちらの方が衣装の選択肢も広がります。

 

レンタルと安価での買い取りは、どちらの方が適しているかは人それぞれなので、お子様に合った方法で衣装選びをしてみてはいかがでしょうか。

 

ハロウィン仮装を手作りするには?

レンタルよりも更に安く済ませたいという方におすすめなのが、ご自身で衣装を手造りするということです。

スポンサードリンク

幼稚園などのハロウィンパーティーに参加する際、多くのお子様が手作りの衣装で参加していますね。

その多くが100円ショップで揃えられるものを使っての衣装作りです。

 

まずは100均で手に入る物をリストアップしました。

マント

スティック

蝶ネクタイ

カチューシャ

カボチャのバッグ

とんがり帽子

オレンジアフロ

ハロウィンのキャラクターであるカボチャ、ドラキュラ、魔女などに見立てる時に必ず必要になってくるのはカチューシャとマント、ほうきやスティックです。

それらは100均に販売されていることが知られていて、元々持っている黒い洋服や黒いタイツなどと組み合わせることで、西洋悪魔らしい衣装へと変わります。

中でも黒いワンピースがあれば一番お手軽にできるのは魔女の衣装で、100均に販売されている黒いマントと、とんがり帽子を組み合わせれば簡単に魔女のイメージができてしまいます。

100均にはカボチャのバッグも売っていますし、ハロウィンにちなんだ小物を身に付けることでより雰囲気を演出することができます。

手作りが苦手な人にでもできるワンポイントを入れたい場合は、カチューシャを使用してワンポイントを作るというのがお手軽です。

黒のカチューシャに対し、付属したいアイテムをくっつけるだけといった簡単作業ですが、他と被らないデザインができるので個性を出すのであればおすすめです。

ハロウィンシーズンは多くの方が、100均で購入したカボチャの髪ゴムやオレンジのリボンと組み合わせています。

お姫様仕様にしたい場合は、花やリボンなどとの組み合わせがおすすめです。

カチューシャを作るのが苦手という方は、手作りキットなども販売されているので、オリジナルのカチューシャにこだわりたい場合は、ぜひキットを使って作ってみてください。

≫≫≫ パレットリボン

カチューシャ一つでどのような印象の仮装もできますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

ハロウィンイベントといっても年に一度だけなので、手軽に作れてすぐに捨てられるものを好む方も多いと思います。

しかし、年々ハロウィンのイベントも習慣化され、各地でクオリティの高い仮装パーティーが行われています。

数年後本格的なハロウィンが当たり前になった時、幼少期に仮装をして写真を撮った思い出などを語る時が来るかもしれません。

そんな時、お子様の衣装が使い捨て衣装で作られたものか、クオリティの高い本格的なハロウィン衣装なのかは大きく話題を左右するものだと思います。

そんな未来を予測した際に、やはり私としてはレンタルなどで写真にも残せるような立派な仮装をすることがおすすめです。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)