なでしこVSイングランドのまとめ。オウンゴールで決着!澤は

By | 2015年7月3日

なでしこ イングランド
女子サッカーのワールドカップ、準決勝は見た方多かったんではないでょうか?

イングランドに勝ちました。粘り強かったですね~。後半入ってからは押されっぱなしで、どうなることかと思いました。
岩渕はイイですね!投入された直後から、攻撃のリズムが徐々にできてき始めました。

そして結果な劇的な幕切れとなりました。これが勝負の世界ですね。

次は決勝戦です。またアメリカです。アメリカ強いぞ!どうする?

スポンサードリンク

 

なでしこVSイングランドのまとめ

女子ワールドカップサッカーの準決勝、なでしこジャパンとイングランドのカード。

これまで2敗2引き分けで勝ったことが無い、イングランド相手ですが、
私は準々決勝のオーストラリア戦を見て、ここには勝つだろうと思っていました。

が、前線にポンポン放り込んでくる、イングランドに苦戦しました。
この形には弱いんですね、なでしこは。

ボールボゼッションは日本の方が支配していましたが、何度も危ない形を一瞬にして作られました。
クロスバーにも救われましたね。

私は戦前の予想を書いています。 ≫≫≫なでしこジャパン ワールドカップ メンバー 2015!日程は?予想は?

かなり悲観的に書いていますね^^

それは今年の3月行われたアルガルベカップ2015の戦いぶりを見たからです。
世代交代を見据えながら戦ったせいもありますが、まさかの8位に転落しました。

日程が詰まっていたせいもあります・・・と書いたのは、

前回のワールドカップも試合ごとになでしこは良くなっていくんです。
試合間隔があいてるほど良くなっていきます。

悪いところの修正が効くんです。

初戦や、リーグ戦はバタバタしてて、良くないです。でも修正してきます。学習能力が高いんでしょうね。

そして佐々木則夫監督もすぐれた監督なんでしょう、1試合ごとに戦術変えて…いや!試合の中でも戦術変えて見事のその戦術がハマってきます。
今回のイングランド戦も、あえてイングランドの戦術を、徹底的にやらせて、最後のところで、人数掛けて守っていました。
宮間もディフェンスやっていましたし、宇津木も利いていました。

だからボールボゼッションが日本の方がありながら、後半の中の前半は一方的に攻められていたように感じましたね。

 

試合経過をまとめましょう。

前半33分に阪口から有吉の大きなパスが通って、イングランドがたまらずにペナルティエリア内でファウルし、なでしこにPKが与えられました。
これを宮間が決めて1-0になります。 宮間のPKは独特。時間をゆっくりかけて、キーパーの動きを見て反対側に蹴り込むんですね。頼りになります。

しかし、前半40分、イングランドのコーナーキックの時に、ボールとは関係無いところで、大儀見が相手の選手を倒したという事でPKになりました。 この判定にはちょっと不服です。
今回の審判はファウルのとり方に統一性が無かったように思います。これは仕方がないですが、このPKを決められ1-1。

後半に入ると、日本が一方的に攻められた形になりました。イングランドはしつこくしつこく前線にボールを放り込んできます。
でも、これは日本の作戦だったんですね。
あえてこの形をやらせて人数掛けてしっかり守る事に徹しました。イングランドの疲れを待って。

少々疲れが見えてきたところで、佐々木監督は岩渕を投入。これで、攻撃の流れが少しずつできてきました。

スポンサードリンク

でもだれもが延長かと思ったロスタイム(選手は延長になる気がしなかったと言っていますが、私もなんとなくそんな感じがしていました)
センターバックの熊谷選手から右でフリーになっていた川澄へのパスが良かったですね。

川澄が少し走って早めにクロスを上げました。中央には大儀見を岩渕、とイングランドのディフェンスが2人4人並んで走り込んでいました。

一番川澄に近かったイングランドのディフェンス「ローラ・バセット」選手が反応。
クリアしようと足を出しましたが、クロスバーに当たってゴール内に入ってしまいました。
オウンゴールです。

これで2-1でなでしこジャパンの勝利が決まりました。

 

なでしこVSイングランドの結果はオウンゴール!

なでしこVSイングランドは後半のロスタイムにオウンゴールで勝敗が決まったのは、女子サッカー史上初めてだそうです。

いや~!誰も想像してなかったですね。

オウンゴールのバセット選手泣き崩れていましたね。ちょっとかわいそうな気がしますが、
彼女の横には大儀見がいましたので、クリアするために足をのばすしかなかったです。
これが届いてしまったから、悲劇のオウンゴールになってしまったんですね。

つまりDFとしての能力があったから、足がボールに届いてしまった。
届かなかったら、大儀見選手が決めてたと思います。

バセットさん、あなたのせいではないです。日本人も、イングランドの人たちも誰もあなたのせいだと思っていないです。
下を向かずに胸を張ってくださいと言葉を投げかけたいです。

見ている人たちみんなそう思っていますよ^^

3位決定戦のドイツ船での活躍期待しています。

 

なでしこVSイングランドで澤は延長に備えた?

今回の女子サッカーワールドカップ。代表選手発表までの試合には、澤選手が入っていませんでした。

しかし、若手がなかなか育たなかったですね。
澤選手の存在に期待するために、実力のある澤選手が代表に選ばれました。

そして、今回のイングランド戦、出場しませんでしたが、佐々木則夫監督は延長を考えて温存してたようです。

交代カードは岩淵一枚きっていましたから、延長になったら、澤選手出てきたと思います。

澤選手は、今大会、ここぞというときの切り札に使われています。
そして延長戦に入って、交代カードは1枚予備に残していたんでしょう。

足がつったりした選手に変えて、攻撃のときは菅沢選手、守備のときは川村選手と決めてたようです。
これも納得の采配です。

決勝戦は前回のワールドカップ、ロンドン五輪に続いて、アメリカとの決勝戦です。

ドイツとアメリカの試合見ましたが、アメリカ桁外れに強いです。
モーガン選手がすごい。前回のワールドカップ決勝戦でも、モーガン選手1ゴール1アシストです。

もう一人、注意人物が。ロイド選手。ドイツ戦にも得点決めました。

いや~!どうやったらアメリカに勝てるんだろうか?

なでしこは、組み合わせ抽選にも恵まれていたのにぎりぎりのところで勝っています。
アメリカのいるブロックは競合国ぞろい。

ここで、イングランド戦に温存できた、澤選手が頼りになります。

そしてロンドンオリンピックのときに泣いていた宮間選手が、何とかしてくれるか?

後、佐々木則夫監督の采配も期待です。

まずまともに戦ったら、今のアメリカには勝てないです。

なでしこの、勝ちたい気持ちに期待しましょう!

 

まとめ

ここまできたら、決勝戦、アメリカに勝ってほしいですね。

はらはらどきどきしますが、もうここまできたら、なでしこジャパンとアメリカの試合じっくり見させてもらいましょう!

今回のイングランド戦のように、結果にかかわらず、面白い試合を期待したいですね。

  • SmaSurf クイック検索
スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)