大文字送り火の鑑賞スポットは?レストランは?ホテルは?

By | 2015年6月7日

大文字送り火毎年、8月16日は、京都の代表的な風物詩、大文字送り火です。
「大」「妙・法」の文字と「鳥居」、「船」の形が炎で浮かび上がる様は、情緒あふれる古都京都の夜を幻想的にします。

大文字送り火は、その炎で、お盆に返ってきたご先祖様の霊をあの世へ送り届け、生きている方の無病息災を願うとされています。

せっかく京都へ旅行に行ったのだから、 大文字送り火を良い場所で見たいというあなたに、とっておきの場所をお教えしましょう。

スポンサードリンク

 

大文字送り火の鑑賞スポットを教えてください。

大文字送り火は、2015年8月16日(日)に行われます。

京都市内でも、大文字送り火 鑑賞スポットは、いろいろあります。
ですが、市内に住んでいる方でも、せいぜい1つか2つ、多くて4つまでしか見ることが出来ないそうです。
五山の送り火がすべて見える観賞スポットってあるのでしょうか。

やはり、すべて見える観賞スポットは、高いところということになりますね。

★イオンモール京都五条:当日は、最上階の屋上が解放されて大文字送り火が無料で見れます。

 

★京都駅ビル空中経路、空中広場:事前抽選で700名が見れます。7月中に、ネットかハガキで申し込むので、早めに確認が必要ですね。

≫≫≫京都駅ビル公式サイト

 

★京都タワー展望室4F5F:京都駅前の京都のシンボルタワーです。残念ながら大文字送り火の時間は、ツアー客の貸し切りになります。

すべて見える観賞スポットの中でも、無料で抽選がないので、イオンモールがおすすめです。

 

ちなみに大文字送り火は、すべてが一斉に点火されるのではなく、次の順番に点火されます。

午後8:00大文字→午後8:05妙法→午後8:10船形→午後8:15左大文字→午後8:20鳥居形の順番です。

次々と送り火が浮き上がっていく様は、すべて見える観賞スポットの醍醐味でしょう。
ただ、送り火までの距離が遠く、小さくしか見えない難点がありますね。

 

次に1つ、もしくは複数送り火が見える鑑賞スポットご紹介しましょう。

★京阪出町柳駅付近:出町柳近辺から鴨川西側を北方向に歩くと大文字、次に点火される妙・法の両方が見えます。
また、鴨川と高野側が合流するあたりは、大文字が正面に見える鑑賞スポットです。

 

★京都御苑内:大文字が見えます。広いので、混雑を感じず、静かに見たい方にお勧めです。

 

★北大路橋:大文字、次に点火される妙・法の両方が見えます。

 

★ノートルダム女子大学付近の北山通・宝ヶ池教習所:妙が目の前に見えます。

 

★高野橋北付近の高野川堤防:法が目の前に見えます。

 

★船岡山:大徳寺の南に位置する小高い丘です。市バス船岡山下車、歩いて15分くらいです。左大文字・船形・大文字・妙法の4山を見ることができる鑑賞スポットです。
丘で、足場が悪いので、スニーカーで行くことをお勧めします。

 

★地下鉄「松ヶ崎」駅周辺:駅北側の宝ヶ池球技場近辺で妙、船形、大文字の3山を見ることができます。

 

★西大路通、わら天神交差点北:阪急西院駅から西大路通を北へ進み、金閣寺交差点付近までは、左大文字が正面に見えます。

 

★渡月橋、松尾橋、嵯峨清涼寺、広沢の池付近:鳥居形が見えます。特に清涼寺からの鳥居は、壮大です。渡月橋と松尾橋の間では、如意ヶ岳の大文字も遠くに見えます。

その日の夜の京都の街は、大文字送り火を見る人であふれかえります。
どの送り火を見るのか決めて、早めに観賞スポットに移動し点火を待ちましょう。点火時間んが近づくと、良く見える場所を心得た御近所の方が家から出てきますから、参考にするのもいいですね。

 

大文字送り火が見れるレストランはありますか?

2015年8月16日(日)、食事をしながら大文字送り火を見たいならこちらがおすすめですよ。

★ロシアレストランキエフ:大文字送り火観賞とお食事会プランで大文字・妙法・東山万灯会が屋上から見られます。
鑑賞前の食事、または、鑑賞後の食事の2つのプランから選べるそうで、食事は6階レストランでします。

スポンサードリンク

 

★スカイレストラン&ラウンジ空KUU:京都タワー13F(展望室3階)のレストランで、隠れ家ダイニングバーです。
タワーの形に沿って360度景色が望めますが、船形以外の4山の送り火が鑑賞できます。
大文字ディナー、送り火鑑賞スペシャルディナーが開催され、フルコースのディナーをいただいた後に、ドリンクを飲みながら送り火を鑑賞します。

 

★同志社大学「寒梅館」セカンドハウス・ウィル:烏丸今出川の同志社大学「寒梅館」7階にある、フレンチレストラン、セカンドハウス・ウィルは、テラスから大文字の送り火がよく見えます。
8月16日には大文字送り火鑑賞会が行われますが、2015年は、残念ながら満席となったようです。
キャンセル待ちがあるようなので、お問い合わせください。

 

★ボンボンカフェ(BonBonCafe):京阪出町柳駅から徒歩5分のところにあるリーズナブルなカフェです。パスタやピッツァ、丼などがあります。
鴨川に面しており、テラスから大文字が目の前に見える最高のレストランです。
予約が出来ないため、当日はかなりの混雑が予想されます。

 

★レストラン菊水屋上ビアガーデン:祇園の老舗レストラン屋上。送り火は妙法の「妙」と船形が見えます。

 

食事と同時に送り火を見れるレストランもあれば、テラスに出ないと見れないレストランもありますね。

予約が必要なレストランがほとんどなんで、事前に予約して、ゆったりと大文字送り火を楽しんでください。

 

大文字送り火をホテルでゆっくり見たいです。

ゆっくりと宿泊先のホテルで、宿泊先の部屋から大文字送り火を見たい方、宿泊しなくても送り火を見ながらディナーのみが出来るホテルなどいろいろとあるようですよ。

★京都ホテルオークラ:大文字送り火の夕べプランは、6月9日(火) 10:00より予約受付です。
スペシャルビュッフェ、スペシャルディナー などさまざまな プランが用意されています。

食事場所は、それぞれのプランによって異なります。
送り火は、4Fロビーより大文字が、地上60mのホテル屋上からは、左大文字・船形・妙法・鳥居が見えます。

 

★京都タワーホテル:五山送り火鑑賞と晩餐プランで、食事は、送り火前に宴会場にていただき、食事後に送り火を、京都タワー展望室から五山すべてを見るプランです。
食事前に、佛教大学の八木教授による五山送り火の解説があり、より深く送り火を楽しむことが出来ます。

 

★ホテル日航プリンセス京都:大文字五山送り火鑑賞の夕べプランで屋上での鑑賞付レストラン特別ディナーです。
各レストランでの特別ディナーと屋上での鑑賞がセットになっています。
ホテルの屋上で、妙・法以外の大文字、船形、左大文字、鳥居形の送り火を見れます。

 

★アピカルイン京都:高野川のほとりにあり、妙・法を目の前で楽しめます。送り火のプランはありません。

 

★KKR京都くに荘:大文字の近くにあるホテルなので、近くで楽しみたい方にはよいと思います。送り火のプランはありません。

 

★ホテルルビノ京都堀川:五山の送り火観賞つき宿泊プランがあります。
ホテルの屋上から午後8時より始まる送り火をみれます。(鳥居は見えません)
夕食は五山送り火特別会席です。

 

いろいろなホテルがいろいろなプランを用意していたり、ホテルの場所が、五山の近くにあったりさまざまな楽しみ方が出来そうですね。
さらに、送り火を鑑賞するのは浴衣が似合います。

浴衣を貸してくれ、着付けもセットになった女性にはうれしい宿泊プランがあるホテルも多いですので、チェックしてみましょう。

 

まとめ

世界に誇る古都京都の街を幻想的にする大文字送り火。お盆の送り火でもあり、生きている方の無病息災も願う送り火です。
そんな深い意味のある送り火を、京都観光で満喫してみませんか。
散歩しながら見たり、レストランから見たり、宿泊先から贅沢に見たり、ご自分の目的で、最高の送り火観賞を楽しんでください。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)