ランドセルはファッション 海外で大人気!ファッションショーも。ブランドは?

By | 2015年6月6日

ランドセル ファッション小学校の6年間誰もが当たり前のように背負って過ごしたランドセルですが、近年そのランドセルが密かに海外ではファッションの一つとして取り入れられているのはご存知でしょうか。

ランドセルといえば、男子は黒、女子は赤の時代から徐々に形や快適性などが改良され、色も自由な学校も増え、小学生の間では少しずつ個性を演出されるものにはなりましたが、まさか大人の間でファッションの一環になっているのは驚きですね。

そんな話題に興味があるという方に向けて、ランドセルファッションについての情報や人気ブランドについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

ランドセルはファッション 海外では大人に人気爆発!

そもそも何故日本の小学生が背負っているランドセルが海外で人気になったのかとても気になるところですね。

その発端というのが実はアニメの中にありました。

今や世界中の方に知られているアニメ大国日本。

ドラゴンボールやワンピース、ナルトなどの名作をはじめとした日本のアニメというのは海外でとても人気があります。

その中でランドセルを背負う姿を多く描いているのが、アニメ「ドラえもん」に出てくるのび太と名探偵コナンに登場するコナンや少年探偵団です。

こういった人気作品の中に出てくるシーンで背負われているランドセルが、少しずつ海外で浸透しファッションの一つとして取り入れられたのですね。

小学校6年間も長く使われるランドセルは、もちろん丈夫で長持ちする上に背負った時の快適性や使いやすさ、何でも入るちょうどいい大きさなど使い勝手の良さは研究に研究を重ねています。

そのためいざ使ってみると通常のバッグにはないクオリティの高さに驚く方が多いというのも納得ができますね。

 

ランドセルのファッションショーもあるんですって?

この話題の中で最も驚いたこと、それはなんと海外でランドセルのファッションショーまでも行われたという事実です。

2011年にフランスのパリで行われたファッションショーでは、制服とランドセルを組み合わせたファッションショーが開かれ大変話題になりました。

 

パリのランドセルファッションショー

制服は日本のアイドルが国内で大ブームを巻き起こしているので、世界で注目されていても不思議ではありませんが、その一部としてランドセルが組み合わされているのには驚きです。

しかし、ショーの内容というのがかなり本格的なもので制服を着こなしたモデルさんたちが、カッコよく方にランドセルをかけてステージを歩く姿は斬新でした。

大きさが小学生の背中に合うように作られていますので、大人がすると少し小さいのではと感じますね。

それでも違和感なくショーを仕上げている様子からひょっとしたらランドセルはすごくお洒落なのでは?と感じてしまいますね。

スポンサードリンク

有名モデルさんが自分のバッグにランドセルを採用したことからニューヨークでも徐々にランドセルを背負って歩く人が増えているそうです。

 

ランドセルのファッションブランドは何が人気?

こうなったら本場日本の小学生も負けてはいられません。

そこで気になってくるのが、一体どのブランドが人気のあるランドセルかということですね。

ファッションの一つとして誇りを持って背負うことができるようになった今、親御さんとしても子供に背負わせるランドセルにはこだわりたいところです。

国内でも多くの小学生が背負っている人気ブランドといえば、鞄工房山本のフィットちゃんランドセル。

色のバリエーションも豊富で、何よりその質の高さから長く使っていけるランドセルです。

そして、ランドセルといえばやはり池田屋のランドセルが人気ですね。

老舗ということもあり、今のおじいちゃんおばあちゃん世代の方々も背負ってきた池田屋のランドセルは、劣ることなく今だに多くの小学生に愛されています。

やはり人気は鞄屋さんのランドセルが圧倒的ですね。

しかし、ランドセルといっても鞄メーカーだけでなく、スポーツブランドのランドセルも存在するのはご存知でしょうか。

そこで注目したいのが、スポーツブランド「プーマ」のランドセルです。

高島屋オンラインストアや楽天市場などでも販売されているプーマのランドセルは、これからスポーツに励む子供たちにとってはとても嬉しいモデルですね。

海外でもプーマのランドセルが好きという人もいるほど、ランドセルのブランドとして注目されています。

 

まとめ

ランドセルが海外で流行り出したのはまだまだ最近の話なので、これから時代が進むにつれてもっともっとランドセル旋風を巻き起こす可能性は高いですね。

子供の頃から慣れ親しんできたランドセルが、世界中の人に愛されて当たり前のように使われるとなると嬉しいものです。

ぜひこれからも注目していきたい話題です。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)