金沢観光のおすすめコースは?工芸品の体験ができます!

By | 2015年5月19日

金沢観光

 

今国内旅行で一番熱い場所と言えばやっぱり金沢です!

3月に北陸新幹線が開通し、東京から2時間で行けるようになりました。

金沢と言えば加賀百万石、きらびやかな伝統工芸品とおいしい海産物、豪華な温泉と
色々なものが一気に楽しめる魅力的な町です。
今回は金沢についてご紹介します!

スポンサードリンク

 

金沢のおすすめコースを教えてください。

金沢は加賀藩で栄えた町なので、武家文化が色濃く残っています。

加賀百万石の城跡、金沢城公園や、加賀藩の庭だった兼六園、
当時の様子をそのまま残す武家屋敷など見どころが満載です。

初心者の方におススメの場所はこちら!

 

■兼六園

まずは絶対外せない兼六園です。
兼六園へ行かなかったら金沢へ行かなかったも同然!と言う位のスポットです。

加賀藩前田家の庭園として造られた特別名勝で、日本三大庭園の内の一つと言われています。

日本最古の噴水もあるんですよ!
見所を一通り回ると大体40分位です。

人の少ない午前中の早い時間がおススメです。
お隣にある金沢城公園とセットでどうぞ!

 

■金沢21世紀美術館

兼六園から歩いてすぐです。

日本で一番集客力のある美術館とも言われているとか。
丸い、ガラス張りのデザインが美しいです。

美術館の建物への入場は無料ですので、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。
(*展覧会を見るには別途入場券が必要です)
市民ギャラリーには無料の物も色々ありますので
美術の好きな方には楽しめると思います。

 

■近江町市場

金沢市民の台所です!

金沢駅から歩いても行けます。
もちろんバスもあるので歩くのが嫌な方も大丈夫。

色々な魚やフルーツ、野菜などたくさんのお店がひしめき合ってにぎやかです!
おススメの時間帯は開店してすぐの9時頃か、
生鮮食品が安く手に入る夕方4時~5時頃との事です。

 

■ひがし茶屋街

金沢の三大茶屋街の一つ、ひがし茶屋街は当時の面影を残す格子戸の店が
立ち並ぶとても美しい通りです。

ドラマやポスターの撮影にもよく使われているので見覚えのある方も多いかもしれません。

今では加賀友禅や金箔グッズのお店やおしゃれなカフェがある、
若い女性に人気のスポットとなりました。

すごく雰囲気の良い所で、夕暮れ時や夜の風景もきれいです。

 

■長町武家屋敷

加賀と言えば武家!

長町武家屋敷は加賀藩時代の姿をそのまま残しています。

容易に敵を近づけないためにわざと複雑にしてある細い石畳の道、
加賀藩時代から流れ続ける用水路、そして土塀に囲まれた武家屋敷…
歩いているとまるでタイムスリップしたような気持ちになります。

歴史が大好きな人ならたまらないスポットです。

ボランティアガイドさんもいるので、案内が必要な場合は事前予約をどうぞ!

 

定番のまわり方は、

金沢駅

ひがし茶屋街

兼六園(金沢城公園)

金沢21世紀美術館

長町武家屋敷

近江町市場 ですが、

夕暮れ時~夜の明かりが灯ったひがし茶屋街が見たい!と言う方は、
ひがし茶屋街と近江町市場を入れ替えても大丈夫です。

それほど広い街ではないので、上手に回れば一日で観光できます。

 

金沢観光で、工芸品が注目されていますね。

さて、金沢と言えば、加賀百万石のきらびやかな伝統工芸も有名です。

加賀友禅や金箔、能登上布、輪島塗…金沢をはじめとする石川県には
これでもか!という位にたくさんの美しい伝統工芸品があります。

日程に余裕がある場合は、こんな所も観光してみてはいかがでしょうか。

 

■伝統産業工芸館

兼六園すぐ横の石川県の伝統工芸品の博物館です。

歴史ある素晴らしい作品の数々に加えて、
工芸品がどうやって作られているか分かりやすく展示されています。

漆器や織物、鋳物など様々な分野が展示されており、
また若手作家の作品も飾られていて面白いです。

 

■加賀友禅会館

その名の通り加賀友禅の資料館です。

立派な加賀友禅の着物がずらりと展示されていて
手を触れることは出来ませんが、間近でじっくり見る事が出来ます。

スポンサードリンク

淡い色合いの着物は手作業で描かれており、本当に綺麗です。

実演コーナーもありますので、職人さんの染め作業が近くで見られます。

細かい作業を手早くこなす様子に流石だなぁとため息をつく事間違いなしです。
きもの着用体験や染め体験も出来ますよ!

 

■黒門小路

「でも伝統工芸品ってお椀とか壺とかでしょ?」
「それに高いしあんまり興味もない…」
と思っているアナタ!

実は最近伝統工芸+日常品のコラボ製品がたくさん出ているんです。

そんな面白い作品が一気に見られるのが黒門小路。
石川県の色んな工芸品やお土産の揃うお店です。

勿論普通の工芸品やお土産物もたくさんありますが、
折角なのでこんな物はいかがでしょうか。

 

●スマホカバー

伝統工芸アイテムの中で、最近特に人気なのが漆塗り、金箔貼りのスマホカバー。
模様は富士山や桜の豪華なものからシンプルなものまで様々。
素材は木ではなくプラスチックなので、軽くてお値段もお手頃です。
外国人にも大人気。

 

●金箔化粧品

金箔をぜいたくに使った化粧品なんかもあります。
実はクレオパトラも美容に金糸を使っていたとか。
金には人間が本来持っているコラーゲンを活性化させるという説があるそうですよ!
化粧水等の基礎化粧品の他に何と24Kパックもあります。

 

●スカーフ

「天女の羽衣」というスカーフです。
実はこれ、世界最軽量と言われているすごく軽いスカーフなんです。
絹とステンレスが一緒に編みこんであるので、軽いのに丈夫。
そして水面のように美しい光沢があるのです。
石川県でしか作れないそうですので、是非一度手にとって見てみてくださいね!

黒門小路は金沢駅から徒歩10分位です。
近江町市場と近接しているので、最終日にいかがでしょうか。

 

金沢で工芸品の体験ができますか?

さて、工芸品を見たり買ったりするだけでは物足りない。
できれば体験してみたい、という方!

金沢市は工芸体験に力を入れていて、様々な体験プログラムがあります。

時間がかかるものから手軽なものまで、旅行の予定に合わせて組み込んでみてはいかがでしょうか?
要予約の所がほとんどなので、事前連絡をお忘れなく。

 

■金箔貼り体験

金箔貼り体験は様々なショップで行われています。
時間が取れそうな場所で探すのがおススメ。
所要時間はどこも大体1時間程度です。
絵ハガキやお皿、お箸などのアイテムを選び、
そこに金箔や蒔絵シールなどを貼っていきます。

向こう側が透けて見える程薄い金箔は日本だけの技術です。
光に透かすと光が青く見えるのが本物の証!
その薄さを是非体験してみてください。

 

■友禅染体験

華やかな加賀友禅ですが、様々な染め体験プログラムがあります。
手軽な物はハンカチ型染め20分(加賀友禅伝統産業会館)から、
本格的な物は染め帯づくり3日間(実働20時間)まで(友禅アート染華)。

帯作り体験は価格も十万円するので、気軽には出来ませんが
普段着物を着る方には是非とも体験していただきたいプログラムです。
自分で染めた帯を締めておでかけ、なんてとっても素敵ですよ!

 

■九谷焼陶芸

もうちょっと気楽な体験が良い…と言う方には
九谷焼のお皿の絵付けなんていかがでしょうか。

九谷光仙窯では自分でデザインして線書きまですると
後は職人さんが色を入れて焼いてくれるプログラムがあります。
自分デザインの本格的な九谷焼が2ヶ月で出来上がると言う
何とも贅沢な体験プログラムです。
所要時間は1時間程度です。

 

まとめ

金沢市は伝統文化の残るとても美しい街です。
おいしい食事と職人芸をゆっくり満喫する旅はいかがでしょうか。

北陸新幹線にはグランクラスという新幹線のファーストクラスも設置されているので
思い切ってリッチな休日を過ごすのも良いかもしれません。

加賀百万石に思いを馳せつつ、豪華にゆったりとお楽しみください。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)