七夕の笹はいつからいつまで飾る?購入はどこで?笹飾りは?

By | 2015年5月6日

七夕笹飾り例年7月初旬にもなると各地でキラキラ星のメロディと共に笹の葉の飾りつけが始まりますね。

これを目にするといよいよ七夕祭りが始まるんだなと実感します。

自宅でも子供たちのために七夕の飾りつけをしようと
せっせとお母様方は七夕の準備を始めることでしょう。

しかし、七夕の準備といっても具体的にどこでどのように笹を調達して、
いつから飾り始めるのか曖昧な部分も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

実際七夕祭りの装飾とは、
どこのご家庭でもやっているような重要な家庭イベントとして捉えられていないので、
情報が少な過ぎることがネックですね。

そこで、七夕祭りを自宅で行うに当たって、
飾りつけの期日や笹の購入方法、飾りつけについてご紹介していきたいと思います。

 

七夕の笹 いつからいつまで飾る?

まずは七夕の飾りつけ期間についてです。

基本的に七夕に限らず日本の神事の多くは、
前夜から始まり当日の夜まで祀られています。

そのため七夕祭りでも前日である6日の夜に飾りつけされ、
当日7日の夜に片付けられるというのが一般的な七夕飾りです。

 

しかし中には長期間飾っておきたいという店舗なども多く、
その場合は7月の始めから7日にかけてずっと飾っています。

七夕は飾りつけなどの準備に手間がかかるので、
その分長く飾っておきたいものですよね。

ですが飾りつけをしておく期間は7日で統一されていて、
7日以降はお盆の準備に入るというのが切り替えのポイントでもあります。

 

七夕の笹購入はどこで?

七夕祭りに絶対不可欠なもの、それは飾りつけをするための笹ですね。

しかし、笹といってもその辺に生えている笹を切り落として持ってくるわけにはいかないので、
ちゃんとした飾りつけ用の笹を購入しなければなりません。

そのための購入方法としては、最寄りのお花屋さん、
一部のホームセンター、若しくは通販での購入になります。

 

お花屋さんの多くは飾りつけ用の笹を販売しているところもありますが、
七夕シーズンに限りの販売で、なおかつスペースをあまり取らない小型の笹が売られているところが多いのが特徴です。

ですが、需要があまりないためお花屋さんならどこでも仕入れているというわけではありません。

ホームセンターもお花屋さん同様、需要の関係から仕入れているところはごく稀のようです。

そこで一番確実に手に入りやすいのが造花ですが、通販です。

 

 

笹だけでなく、支柱となる竹やスタンド、
装飾用のセットまで一緒に購入できる手軽さから多くの人は通販で購入しています。

≫≫≫ 日本装飾造花 株式会社

 

本格的な七夕祭りに仕上げるためには、
部屋のインテリアとしても馴染む大きさ、飾りを選ぶことがポイントです。

購入前にしておくことは、部屋に飾りたい笹の大きさを明確にさせておくことです。

スポンサードリンク

高さと奥行き幅などを、しっかり計っておかないと通販の場合は
実物を見るのが購入してからなので大きさで失敗するというケースも少なくはありません。

ちょうどいい高さとしては130cm程度の高さの笹がおすすめで、
ちょうど子供たちが短冊を飾るのに適しているサイズです。

 

七夕の笹飾りの作り方

笹を購入した後にすべきことは、もちろん飾りつけですね。

七夕飾りのほとんどは、短冊を中心に後は折り紙で作られるのが一般的です。

折り紙で作れる笹飾りの種類は、とてもたくさんあって織姫と牽牛を始め星、
網飾り、吹流し、輪っかつづり、ちょうちんなど七夕伝説にちなんだ飾りつけをします。

その他にも夏を連想するスイカの折り紙や星つづりなども人気で、
願いをかけた短冊を綺麗に彩り、夏の夜に相応しい飾りつけをします。

折り紙の折り方については、とても参考になるサイトがありましたのでご紹介しておきます。

≫≫≫七夕の折り紙

 

 

手先が不器用であまり折り紙などが得意でないという方には、
通販での飾りの購入をおすすめします。

≫≫≫ イベント屋

 

プロが作っているためクオリティも高く、
笹飾りだけでなく室内に直接飾るための装飾なども販売しているので、
室内全体に本格的な飾りつけも実現できます。

≫≫≫ イベント用品・販売促進グッズ 「eventec」

 

七夕の醍醐味といえばやはり飾りつけなので、
ぜひお子様と一緒に飾りつけを楽しむことをおすすめします。

 

まとめ

七夕祭りを自宅で行うに当たって、
必要な道具の買い付けや準備などで7月1日頃から徐々に始めておかなければなりません。

造花ではなく本物の笹を使う場合は、
あまり早くから注文すると枯れてしまうので6日に届くように注文される方も多く、
当日の夜に撤去して、その後に神社で焼いてもらうという流れになります。

我が家だけのオリジナル七夕祭りをぜひ楽しんでください。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)