父の日のプレゼントに手紙を添える!高校生の手紙は?文例は

By | 2015年4月28日

父の日に手紙2015年の父の日は、6月21日(日)です。

普段なかなか思っていても口にできないお父さんへの感謝の気持ち。

もうすぐ大人としての人生を歩み出す「高校生」というのは、
父の側にいる子供として何かを贈るのはこれが最後のチャンスかもしれませんね。

卒業して進学したり就職したりすれば、はたまた好きな人と結婚すれば、
必然的に離れて暮らすことになるかもしれません。

一年先がどうなっているか見えない今こそ
父へ感謝の気持ちを表したいという方も少なくはないでしょう。

しかし改めて手紙を書くとなると少し照れくさい部分もあるかと思います。

スポンサードリンク

 

そこで、高校生からお父さんへプレゼントの添えて手紙を贈る際に、
どのような方法でどういった手紙を書けばよいのかということをご紹介していきたいと思います。

 

父の日にプレゼントの添えて手紙を書きたい。

父の日のプレゼントの中でも最もお父さんが貰って嬉しいものといえばプレゼントに沿えた手紙です。

しかし改まった形で手紙だけ贈るとなるとお互いに恥ずかしいと思う親子も多いと思います。

男の子の場合はネクタイとか、最近のお父さんは若いから、カジュアルな服やキーホルダー等、小物もいいいですね。

女の子の場合は手作りの料理などが喜ばれます。

プレゼント自体はそこまでこだわったものではなく、メインはあくまでも手紙。

プレゼントカードに書こうと考える人もいるかもしれませんが、その後お父さんはとてもその手紙を大切に保管するはずです。

ですからカードにメッセージを書いたりメールで送るというよりは、封筒に入った手紙の方が何年経っても大切に保管できます。

まずはプレゼントと共に便箋と封筒を準備することから始めましょう。

 

父の日の手紙の書き方は?

改めて日頃の感謝を思い返してみるとたくさん出て来てしまって何を書いていいかわからないという人も多いでしょう。

無理に全ての気持ちを書き綴る必要はなく、自分が伝えたいいくつかのポイントだけを押さえて書いた方が伝わりやすいものです。

手紙を書くためのポイントとは、伝えたいことを箇条書きにしてそれを文章で繋いでいくのが一般的ですが、お父さんへの手紙を贈る際にはエピソードに絞って書くととても効果的です。

たくさんの感謝の気持ちを並べて綴るよりは、実際に起きた出来事に対して自分の中で生まれた感謝の気持ちを伝える方が、お父さんと自分がお互いに経験したことなので伝わりやすいものです。

 

私の場合は対人トラブルを起こした時に、父が盾になり私を守ってくれたことでした。

そういった出来事を具体的に書いていくと自然に感謝の気持ちがこぼれるように溢れてくるので、それをしっかり伝えることでお父さんにとっても嬉しい手紙になります。

そして手紙の中で最も大切なポイントとは、ネガティブなことは書かないということです。

スポンサードリンク

よくありがちなのは、自分の不甲斐なさなどに対してごめんねとまるで謝罪文のようになってしまう手紙です。

お父さんは、あなたが前向きに、そして幸せに生きていくことを誰よりも願っている人です。

ですから謝罪文にならないように前向きな言葉を選んで手紙を書くのがポイントです。

 

父の日に手紙を送る 例文をいくつか!

ここまでで要点は掴めたということで、次は具体的な手紙の内容についてご紹介していきたいと思います。

まずは一般的な手紙の文例をご紹介します。

「お父さん、毎日お仕事お疲れ様です!

朝早くから夜遅くまで、黙々と仕事をしているうお父さんは、

私にとってはお手本となるお父さんです。

私が小さなころから、習っていたサッカー、なかなかうまくならなくって、

休みの日にお父さんが教えてくれたサッカー、今も記憶に残っています。

試合の時も見に来てくれて、失敗してもいつも「ドンマイドンマイ!」って言ってくれたお父さん。

唯一入れた1ゴールの時は、抱き上げて喜んでくれたお父さん。

今思うとちょっと恥ずかしいですが、とても嬉しかった。

サッカーやめちゃったけれど、一緒になって一喜一憂してくれた想い出は残っています。

これからも体に気を付けて、仕事頑張ってくださいね。

〇〇〇より」

 

簡単なメッセージの例(高校生、女性)

「お父さん、毎日ありがとう。 残業が多くて、ちょっと心配です。

あまり頑張りすぎないで、

時々は酔っぱらってもいいから!

でも、酔っぱらって、私の名前連呼するのは、勘弁してね~!(笑)

今までのままでいいよ!お父さん!

 

もう一つ例文です。

「お父さん、いつも迷惑かけてごめんなさい。

学校で悪さした時に、先生に頭を下げてくれたお父さん。

でもちょっと心配させた方が、親は長生きするんだって!

また、迷惑かけたときは、本気で怒ってくれるもんね。

真剣なので、申し訳ないと思う反面とても嬉しいです。

出来るだけ迷惑かけないようにするから、長生きしてください。お父さん!」

※この手紙にお父さんから返事が来たそうです。

「我が家には、迷惑な娘はいない。ちょっと我が強いだけだ!」

って良い話ですね。

感謝の気持ちを持ちながら書くと、乱暴な文章でも気持ちは通じるものです。

今度の父の日にはチャレンジしてみたら?

 

まとめ

基本的な文例として、参考になる書き方などを載せているところもありますが、あくまでも手紙は自分の言葉で書くものです。

無理に繕って上手に書くことよりも感謝の気持ちを素直に伝えることの方が大切です。

ですからお父さんへの手紙を書く際は、どれだけ素直な気持ちで書けるかというところを意識することをおすすめします。

たった一つの場面のことでもそこに気持ちがしっかり入っていれば伝わるものですから。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)