手に汗をかく原因は?何か病気?ストレスでしょうか?異常ですか?

By | 2015年4月20日

手汗本来、手足というのは汗をかきやすい箇所であるというのはご存知でしょうか?

足に汗をかくというのは実感される方も多いでしょう。

それと同様手にも汗をかくのも普通に備わった機能なのです。

普段靴や靴下で包まれている足に関してはとても汗をかきやすい環境に
あるため目立ちますが、
手汗というのは通気性が良いためすぐに乾燥するのでそこまで目立ちません。

しかし、中には異常なまでに手汗をかいてしまうという人もいますね。

スポンサードリンク

 

手袋をしているわけではないのに手に汗をかいたり、握り拳を作ったり、
好きな人と手を繋ぐと大量の汗をかいてしまったり、
その汗のせいで匂いが出てしまったりと手に汗をかきやすいことで
さまざまな問題も生じます。

そこで、手に汗をかきすぎる原因や対策についてご紹介していきたいと思います。

 

手に汗をかく原因は?

手汗というのは誰でもかくものなので、手に汗をかくこと自体に問題はありません。

しかし、悩みの種になっているのはその汗の量や臭いについてですね。

手に汗をかく発汗作用の種類というのは大きく分けて2種類あって、
温熱性の発汗と精神性の発汗です。

温熱性の場合は運動後や体温の上がった時に見られるごく普通の発汗作用ですが、
精神性の発汗というのは、辛いものを食べたり、緊張状態にあったり、
興奮状態にあったりと、温熱作用とはまた違った発汗作用です。

 

その中でも手に汗をかきやすい原因となっているのが、
ストレスや緊張、不安を感じたり食生活の中で刺激物を好んで食べたり、
体質で言えば肥満が原因で汗をかくということもあります。

その汗の量が尋常ではない場合は、もちろん病気の心配も含まれてきますね。

 

手に汗をかくのは何か病気でしょうか?

手汗を大量にかいてしまう病気というのは、
汗をかくこと自体が病気ではなく別の病気の症状が
手汗に表れているというケースがほとんどです。

中でも代表的なもので、
発汗がコントロールできなくなる

自律神経失調症や糖尿病、甲状腺障害、副交感神経の乱れ

が原因で起こる病気などが疑われます。

その他にも更年期障害やホルモンバランスの乱れによって
体温がコントロールできなくなり、大量に発汗してしまうケースもあります。

手汗の病気ではなく病気のサインとして手に汗を異常にかいたりすることが多いので、
その場合はすぐにお医者様に診てもらう必要がありますね。

直接的な手汗を大量にかく病気というのは、
手掌多汗症と呼ばれていて治療の対象となったりすることもあります。

自分が手掌多汗症かどうかを判断するのが難しい場合は、
以下のチェックをしてみてください。

◆手のひらにたくさんの汗をかく

◆ストレスがある時にたくさん汗をかく

◆ストレスも関係なくたくさん汗をかく

◆幼い頃や思春期に汗をかく

◆手のひらから落ちていくような汗

◆湿度が高いく暑いときに良く汗をかく

スポンサードリンク

◆しかし寝ているときは汗をかかない

こんな時は、ハンカチは常に携帯し、パソコンやスマホの操作も困りますね。
握手を求められた時や、手をつなぐ時も困ります。

手掌多汗症は年齢や性別に関係なく手汗が特に酷い状態で、
はっきりした直接的な原因というのはまだわかりませんが、
主に副交感神経の乱れによる症状として考えられているようです。

 

手に汗がひどいんです。どうしたら良いでしょうか?

大量の手汗が病気のサインとなっているのであれば、
それはお医者様に診て病気の治療をすることが先決です。

まずは自分がどういった原因で汗をかくのかを
把握することから始めなければなりません。

 

それ以外の方法で、
なるべく手汗をかかないようにしたい場合は、
ドラッグストアなどに販売されている制汗剤などの使用がおすすめです。

塗布するクリームタイプやスプレータイプなどがあり、
お出かけ前に使用することで汗の量を抑えることが期待できます。

大半は脇や足に使うものが多いですが、
手に使用しても問題ないものがたくさんありますので、
そういった中から選んで使ってみるのも対策の一つです。

 

汗の量に付け加え臭いなどが気になるという方におすすめなのが、
ミョウバン液の使用と言われています。

これは足の汗が多い、臭いという人が主に使用していることが多く、
ミョウバン液を水で10倍に薄めたものをスプレーで吹きつけることで
汗の臭いや菌を抑えることが期待できます。

ミョウバン液の作り方については下記を参考にしてください。

手汗のミョウバン液の作り方

①ミョウバン(焼きミョウバン)を購入
ドラッグストアやスーパーなどで売っています。
100円程度です。

②ミョウバン(焼きミョウバン)20gを水を抜いたペットボトル(500mlに入れ)
その中に水道水を入れます。
(水道水は浄水器を通さないもの、蛇口から出てくるそのままのものを使ってください
塩素が入ってないとミョウバン液は腐るのが早くなってきます)

③ミョウバンと水道水を入れたペットボトルを良く振ります。
最初はミョウバンが溶けずに浮いてきますが、数日で水に溶けます。

④ミョウバンが解けて透明になったらミョウバン水の出来上がりです。

臭いが出てしまう原因というのは汗そのものにあるのではなく、
汗が皮脂や雑菌と混ざり合うことによって汗が分解され臭いの原因になっているそうです。

ミョウバンで菌を雑菌することで臭いの原因を抑えることが期待できるので
気になっている方はぜひ試してみてください。

 

まとめ

手汗というのは、それに悩む人が少ない分周囲になかなか理解されないのが難点です。

小物の貸し借りや握手など手を使う際にとても汗が気になって
消極的になってしまう部分もあるかと思います。

ですが、制汗剤を使っての予防や病院での治療など対策する方法は
ちゃんとあって、期待できますので諦めずに対策を試してみることをおすすめします。

特に子供の手汗の悩みというのは、
ある程度大きくなると親は気付かないということも多いので、
気付いた時にはすぐに対策をしてあげることを心掛けてください。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)