東京花火大会2015の日程一覧 !神宮外苑は?隅田川は?

By | 2015年4月10日

東京花火大会日程国内で最も人が集う東京都では毎年夏になると
他の県を凌ぐ程の大きな花火大会で盛り上がっています。

その競い合う花火の派手さから年々クオリティやイベント内容も濃くなり、
今では各地からそれを見たさに人が集まって来ているほどですね。

東京で行われる花火大会の日程一覧を載せていきます。

まだ未定のところもありますが、決まり次第順次更新していきます。

スポンサードリンク

 

東京花火大会2015年の日程一覧!

東京花火大会の2015年の主な日程を案内します。

第37回2015神宮外苑花火大会 未定 (5月の下旬~6月の上旬に発表)≫≫≫ 主催:日刊スポーツ新聞社

第38回隅田川花火大会    7月25日(土)(悪天候の場合は7月26日:両日ともにできない場合は中止)

第37回足立の花火      未定 ≫≫≫ (7月18日予定…決定ではない。決定は4月25日に) あだち観光ネット

第49回葛飾納涼花火大会   7月21日(火)午後7:20~8:20 葛飾区HP

八王子花火大会       8月1日(土)

立川まつり国営昭和記念公園花火大会 未定 ≫≫≫ 立川観光協会

江戸川区花火大会      8月1日(土) 午後7:15~8:30

第56回いたばし花火大会   未定 (8月1日(土)予定・正式には5月19日に決定) ≫≫≫ いたばし花火大会

第67回青梅市納涼花火大会  8月1日(土)

第33回江東花火大会     未定 (5月の中旬に日時決定) ≫≫≫ 江東区HP 

調布市花火大会 2015     未定です ≫≫≫ 映画のまち調布”夏”花火2015 

せいせき多摩川花火大会   休止中

第27回東京湾大華火祭    未定 (6月中旬日時決定) ≫≫≫ 中央区HP

第37回世田谷区たまがわ花火大会  未定 (6月1日号の区の広報し掲載・有料席の案内は6月1日) ≫≫≫ たまがわ花火大会

第37回武蔵村山市観光納涼花火大会  未定 (6月10日過ぎには分かります) ≫≫≫ 武蔵村山市商工会

北区花火大会(秋)     未定です ≫≫≫ 秋の北区花火大会

 

東京花火大会は神宮外苑が有名

東京花火大会といえば真っ先に名前が上がるのが神宮外苑花火大会です。

開催日時はまだ正式には決まっておりませんが、
例年8月の第3土曜日に開催されていることから
今年2015年は8月15日にやるのではないかと予想されています。

神宮球場を中心としたその花火大会はもちろん空に打ち上げられる1万発の花火が主役ですが、
会場に足を運ぶ方の多くは周辺施設で同時開催されるアーティストのライブなどが目的なのが特徴です。

 

スポンサードリンク

そのため花火だけでなく、有名人と共にイベントを楽しみたいという方におすすめの花火大会です。

 

ライブ会場として使われるのが、
神宮球場、秩父宮ラグビー場、神宮軟式球場、神宮外苑絵画館前で、
数々の有名アーティストのコンサートに付け加え、有名人やタレントが司会で盛り上げる中、
花火と連動してかなり楽しめる夏のビッグイベントです。

昨年2014年は秩父宮ラグビー場の会場に私の好きなAAAが来たということを
後から知ったことですごく損をした気分になりました。

2015年のアーティスト情報はまだ出ていませんが、
話題の有名アーティストが来ることは間違いありません。

その他にもたくさんの見どころがありますので、
以下のサイトでぜひチェックしてみてください。

≫≫≫神宮外苑花火大会

 

東京花火大会は隅田川が豪華

純粋に美しい花火を思いっきり満喫したいと考えている人におすすめなのが、
この歴史の古い隅田川花火大会。

開催日時は例年7月の最後の土曜日に行われているため、
今年2015年は7月25日ではないかと予想されています。

≫≫≫隅田花火大会

 

会場は2箇所設置されていて、
両方とも隅田川中央部分に近いところで行われます。

第一会場:桜橋下流~言問橋上流

第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

この隅田川花火大会の凄いところは、
その圧倒的な打ち上げ数の多さです。

 

大抵大型の花火大会といえば1万発くらい上がるのが定番ですが、
この隅田川花火大会に関してはそれを圧倒的に凌ぐ2万発もの花火が打ち上げられます。

その中での見どころは、
会社同士で花火を競い合うコンクールが行われるところです。

各社独創性の高い花火を披露することで、
花火好きの人達にとっては堪らない景観になることは間違いなし。

圧倒的な打ち上げ数と珍しい花火で一味違う
花火見物を楽しみたいという方には満足のいく花火大会です。

 

 

東京湾大花火祭は大規模イベント

残念ながら昨年は、天候に恵まれず中止という結果になった東京お台場の東京湾大華火祭。

東京都民のみならず周辺地域にする方々も涙を飲んだ結果だったのではないでしょうか。

一年またいで今年2015年の開催をたくさんの人が心待ちにしています。

しかし、一部では花火大会の廃止説が囁かれていて不安になる人も多い花火大会です。

 

例年12000発もの花火が打ち上げられ、
その動員数60万人を誇る大規模イベントなので根強いファンが
たくさんついていることは間違いありません。

中央区が指定した会場からゆったりと花火が見られることが見物の際の特徴で、
その会場というのが、晴海主会場、晴海第2会場、豊海運動公園会場、
晴海個人協賛会場、日の出会場、豊洲第1会場です。

一部晴美第2会場につきましては入場整理券を必要としてますので
予め整理券をとっておかなければなりません。

整理券は中央区の公式HPから応募できますので、
会場を利用する際はぜひチェックしてみてください。

 

ちなみにこちらの花火大会もまだ日程は決まっていませんが、
昨年は8月10日に予定されていました。

付近になれば上記の中央区のホームページから発表がありますので、
参加を希望する方はマメにチェックしておくことをおすすめします。

 

まとめ

東京花火大会の打ち上げ開始時間というのは、基本的に7時ごろから始まるのが特徴です。

そのため夕方頃になると会場付近は交通規制が敷かれ、
とんでもない人混みで溢れ返ることが予想されます。

ですからアクセスの際は、車などを利用せずに交通機関から徒歩での移動を推奨します。

せっかく東京まで足を運ぶのですから事故のない楽しい花火大会にしたいですね。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)