伊勢神宮の参拝ルートは?式年遷宮とは?GWの混雑状況?

By | 2015年4月1日

伊勢神宮参拝日本人なら一生に一度は訪れたい場所”伊勢神宮”、
毎年日本各地から多くの参拝客がお伊勢参りにやってきます。

大森林に囲まれた歴史を感じる敷地内はとても神秘的で、
訪れた人は神秘的パワーを感じ、心洗われると言います。

今年のゴールデンウィークはそんな伊勢神宮に参拝してみたいですね!

スポンサードリンク

 

伊勢神宮の参拝ルートは?

伊勢神宮には太陽を神格化した天照大御紙が祀られている「内宮」と
衣食住を守る神である豊受大御神が祀られている「外宮」があります。

「内宮」と「外宮」は少し離れています。
(バスかタクシーで20分程度の距離があります)

観光の滞在時間があまり無い方は「内宮」だけの参拝だけで
済ませてしまう方も多いんです。

 

しかし、正しい参拝方法としては、

「外宮」から「内宮」の順番で両方参拝するのが古くからのならわしですので、

伊勢参りに来たなら、ゆっくり立ち寄ってみたいですね。

 

お伊勢参りのおすすめルート

JR伊勢市駅    外宮から一番近い駅です。

↓  徒歩10分

外宮

↓  外宮前バス停からバスで20分、内宮前バス停下車

おかげ横丁・おはらい町

↓  徒歩すぐ

内宮

↓  内宮前バス停からバスで25分

宇治山田駅

 


大きな地図で見る

 

伊勢神宮の参拝の作法があります

事前に参拝方法を調べてから参りすると、よりご利益がいただけそうですね。

 

◆外宮の参拝

外宮のお参りは左側通行が基本となります。

表参道火除橋を渡ると左手に手水舎があるので、
手と口を清めてから参拝してくださいね。

手水舎の先には鳥居があり、
鳥居は一礼をしてからくぐってください。

少し歩くと豊受大御神が祀られている御正宮があるので、お参りします。

その後、多賀宮、土宮、風宮の順にお参りし、
裏参道を抜けて、次の目的地内宮を目指しましょう!

 

◆内宮の参拝

内宮のお参りは右側通行が基本となります。

五十鈴川にかかる宇治橋を渡ります。

ここにも手水舎はあるのですが、
参道の右手に下りていくと五十鈴川御手洗場もあります。

昔の人はこの川で身を清めてから参拝していたそうです。

 

せっかくですから昔の人に習って、
五十鈴川で手を洗ってから参拝してみてはいかがですか?

手と口を清め、進むと、日本最高位の神様である
天照大御神が祀られている御正宮に着きます。

その後、荒祭宮、風日祈宮にお参ります。

内宮だけでも、ゆっくり森林の風景などを楽しみながら進むと
一時間くらいかかってしまいます。

 

伊勢神宮 外宮と内宮の参拝の途中、おかげ横丁・おはらい町とは?

グルメやショッピングを楽しんでください。

歴史的建造物などが建ち並び、レトロな雰囲気を味わえるスポットです。

伊勢志摩の食べ物屋やお土産屋が多くあります。

スポンサードリンク

 

◆おかげ座 神話の館
日本書紀が簡単に学べます。神話をテーマにした映像や和紙人形などが展示されています。

 

◆つたや    名物の伊勢うどんが味わえるのでぜひ立ち寄ってみたいですね!

 

◆食堂カフェいちしな  地元の食材を使った和食中心のお店です。

 

◆すし久    鰹の身を醤油漬けにした”てこね寿司”食べてみてください。

このお店、明治2年の遷宮時に出た宇治橋の古い材木で建てられているのだそうです。

 

◆赤福本店   やはり伊勢神宮に来たらここは行っておきたいです。

夏はカキ氷、冬はぜんざいなどの季節限定メニューもあります。

毎月1日に発売される”朔日餅(ついたちもち)”は早朝から行列ができます。

 

 

伊勢神宮 式年遷宮記念 せんぐう館

外宮にあります。

20年に一度天照大御神を新しい社殿にお遷りするおまつり式年遷宮について学べる博物館です。

 

伊勢神宮式年遷宮の参拝!

20年に一度、神宮(伊勢神社)で行われる式年遷宮が
2013年10月に行われました。

外宮・内宮の正宮や別宮などの建物が造り替えられ、
内宮の天照大御神や外宮の豊受大御神の御装束神宝も新しくなったんです。

神様のお引越しが済んだ、新しい伊勢神宮見てみたいですね。

 

2013年の式年遷宮に合わせて近鉄特急「しまかぜ」が新しくできたのを知っていますか?

大阪や名古屋から伊勢志摩に行くのに、この新しい特急列車に乗ってみたいですね。

グループ旅行に適した、サロン席やグループ席、そしてカフェ席などもあるようです。

ゴールデンウィークは混み合うので早めに予約したほうが良いかもしれませんね。

 

伊勢神宮のGWゴールデンウィークは混雑状況は?

ゴールデンウィークの伊勢神宮は大変混雑します。

参道を歩くのがなかなか進まない、なんてこともあるようです。

そこで早朝の参拝がお勧めです。

外宮、内宮は朝5時からお参りすることができます。

早朝は人が少ないこともあって静か、
玉砂利を踏みしめる音が響き、より神聖さが増します。

大森林の気持ちの良い空気が存分に味わえそうですね。

早朝に参拝するなら内宮宇治橋からの
美しい日の出を拝んでから参拝に向かうのがおすすめです。

この日の出を見るために早朝参拝に来る方も多いんですよ!

駐車場も早朝なら空いていますので、車で来ても安心です。

毎年ゴールデンウィークは朝10時くらいから駐車待ちが発生し、
駐車できるまで2時間くらい待つ場合もあるようです。

そう考えると、ゴールデンウォークは電車を利用したほうが良いかもしれませんね。

 

 

まとめ

今年のゴールデンウィークは
日本最大のパワースポット伊勢神宮を訪れてみたいですね。

式年遷宮を終えた伊勢神宮からはさらに強いパワーがいただけそうです。

近年のパワースポットブームもあって、
さらに混雑が予想されますので、
早朝の空いた時間を狙って参拝してみてください。

伊勢志摩には伊勢神宮の他にも
多くの観光場所があるので思いっきり楽しめそうですね。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)