修学旅行で、中学生の女子の持ち物は?あると便利なもの、不要物は?

By | 2015年3月31日

中学生女子の修学旅行中学生活でのスペシャルイベント修学旅行、わくわくドキドキしますよね。

学校から貰った修学旅行のしおりを何度も確認して持ち物は完璧にしたはずなのに、
いざ修学旅行に行ってみると、あれ持ってくれば良かった!って
後悔してしまうことよくあるんですよね。

とくに女の子の場合は、そういうこと多いかもしれません。

旅行を思いっきり楽しむためにも、持ち物は万全にしておきたいですね。

スポンサードリンク

 

修学旅行 中学生女子の持ち物で準備しておくものは?

修学旅行の定番の持ち物は、
学校から貰うしおりに細かく記入されていますよね。

中学生女子にとっては最低限の持ち物だと思いますが、
忘れ物がないようきちんと確認しておきましょう。

 

 しおり

 部屋着やパジャマ(ホテル内は部屋着で過ごすことが多くなりますよね。

パジャマも兼用にできるものだと荷物が少なくなるので良いと思います。

Tシャツとスウェットの無難な組み合わせだったり、上下セットアップの可愛いルームウェアだったり、

お友達と相談して決めてもよいかもしれないですね)

 ハンカチ、ティッシュ  ・筆記用具  ・雨具  ・腕時計(目覚まし機能があるとよいですね)

 タオル類(バスタオル、フェイスタオルは多めに持っておくと安心です)

 下着類(多めに持っておくと安心です)

 洗面用具(ハミガキセットやシャンプーリンスなどは宿泊施設に置いてある場合もありますね)

 ブラシやくし

 ナイロン袋(これは汚れ物などを入れたりできるので、多めに準備しておきましょう)

 薬(風邪薬、酔い止め薬など)

 お菓子

 財布(現金)

 移動用の小さめのバッグ

 カメラ(カメラ用充電器)・・・学校によっては禁止かもしれないですね。

 洗面用具(洗顔やシャンプーリンスなど)やタオル、下着などは試供品だったり、
古くなって捨てて帰ってきても良いものだと帰りの荷物が減って楽になります。

 

とりあえず、着替え・タオル、そしてお金を忘れなければ何とか過ごせると思います。

いざとなれば、お友達に頼れば良いのですから!

 

修学旅行の持ち物であると便利なものは?

中学生女子なら、これは持っておくと安心、便利というものがあります。

不安にならないためにも、荷物にならない程度に用意しておくとよいと思います。

 

生理用品・・・・これは必ず持っておきましょう。

突然周期が狂ってしまうなんてこともあります。

一応生理用の下着も準備しておくと安心ですね。

 

生理痛の薬・・・風邪薬や酔い止めだけでなく、生理痛の薬も必要ですね。

スポンサードリンク

生理の時は胃腸の調子が乱れる女の子もいると思うので、
胃腸薬なども持っておくと良いかもしれません。

 

裁縫セット・・・100均でも可愛いソーイングセットは売っています。

裁縫セットの中に安全ピンを数個入れていくと良いですね。
突然、スカートの裾がほつれたり、ウエストのホックが取れた!なんて時に使えます。

 

ヘアケア用品・・朝、寝癖に困ってしまわないように、寝癖直しのスタイリング剤を小さめの容器に入れて持参しましょう。

ヘアゴムやヘアピンも忘れずに!

 

化粧水や乳液、リップクリーム

 

ミラー・・・・・女の子はないと困りますよね。

 

絆創膏、綿棒

 

花粉症対策・・・修学旅行は春から夏にかけての学校が多いと思います。

花粉症の女の子はその対策もしておきましょう。

花粉症の薬、目薬、マスク

 

コンタクトの女の子は、洗浄液やケース、そしてメガネを忘れないようにしましょう。

使い捨てコンタクトの場合はその予備。

 

圧縮袋・・・・・帰りの荷物をまとめるのに便利ですね。

 

防犯ブザー

 

遊び道具のトランプ

 

エコバッグ・・・買ったお土産などを入れるのに一つ持っておくと良いでしょう。

 

お風呂移動のナイロンバッグ、袋・・・・お風呂の移動の時に必要ですね。

 

クリアファイル・・・観光地のパンフレットやチケットなどをまとめておくのにあると嬉しいです。

ポケット式や小さめのクリアファイルだとより便利ですね。

 

修学旅行の持ち物で不要物も上げてください。

携帯やウォークマン、ゲーム機は禁止されている学校が多いですよね。

せっかくの修学旅行ですから、友達とのコミュニケーションのためにも無いほうが楽しいでしょう!

 

ヘアアイロン・・女子中学生ともなると毎朝ヘアアイロンで髪をきれいにセットしている人も多いでしょう。

持ち物として禁止されているなら、旅行中は髪はまとめるなどして、我慢したほうがよいかもしれないですね。

 

余分なお金・・・余分に大金を持ってきて、紛失などのトラブルになっても困ります。

決められた額を持つようにしましょう。

といっても、決められた額だけでは不安な気持ちになってしまうのはわかります。

財布を落としてしまうなんてこともありますから…

どうしても不安!という女の子は、財布とは別に2・3千円くらいを小袋に入れて持っておくと安心ですね。

薬や生理用品などを入れる小さめのポーチの中などに忍ばせておいてはどうでしょうか。

 

まとめ

一生に一度の修学旅行、後悔しないためにも準備は念入りにしておいてくださいね。

たくさんの友達と素敵な思い出を作りましょう!

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)