ウォーキングの効果が出るまで何日くらい?歩き方を教えてください。

By | 2015年3月26日

ウォーキングの効果ダイエットに欠かせない運動といえばウォーキング。

コストゼロ(いや!ウォーキングシューズだけは専用のものを購入してください。全然違います)
辛くない、そして簡単なダイエット方法です。

激しい運動とは違い手軽にできて続けやすいことから多くの方がチャレンジしていることだと思います。

しかし、ウォーキングを始めてしばらく経つのに効果が全く出ないと嘆く人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、ウォーキングにはただ歩くだけでなく正しいやり方が存在し、
運動の一環であるため他のダイエットをせずにウォーキングだけで痩せるのは至難の業。

「ウォーキングしたから、余分に食べても大丈夫?」この考え方ではダイエットは出来ません。

スポンサードリンク

 

普段まったく運動もダイエットもしていないという人がウォーキングを始めれば、
それなりに効果は期待できます。

日頃からダイエットに励んでいる人もウォーキングをすれば相乗効果が出ると思います。

そこで、ウォーキングダイエットについていくつかのポイントをご紹介していきたいと思います。

 

ウォーキングの効果が出るまで、何日くらいかかりますか?

ウォーキングを始めてしばらく経つのにまったく効果がない!と、
体重や体脂肪が減らないことについて不満を感じるのは、1か月ほど歩き続けた頃ですね。

どうしてこんなに長く続けているのに効果が全然表れないのか気になる方も多いと思います。

しかし、運動による体の変化というのは、一般的に2カ月が過ぎてからと言われています。

例えば、筋トレを始めて目に見える形で筋肉が付き始めるのも3カ月を要するのが一般的です。

それと同じで、ウォーキングに関しても変化が表れるのは、もちろん3カ月とも思われがちですが、

ウォーキングの場合は筋肉を付けるほどの激しい運動でもなく、

地道に削っていくものなので2カ月~6カ月ほど見ておくことが大切です。

 

しかし、元々スポーツ経験のある人などがあり土台がしっかりしている人は、通常よりも早く効果が表れたりもします。

体質やタイプ、そしてウォーキング方法などによって人それぞれ全く効果は違うものですが、1か月程度で諦めてしまうのではなく、2カ月・半年と続けていく心構えが最も重要です。

 

ウォーキングの効果、距離や歩数は?時間はどれくらい?歩き方は?

ウォーキングといってもただ歩くだけではダイエットに関して言えば、あまり効果は期待できません。

ウォーキングをするにあたって大半の方が距離や歩数を目安に歩くものだと思いますが、私の意見としては重要なポイントになるのが「歩き方」「歩行速度」「時間」だと思っています。

一般的にウォーキングは1万歩が目安ということで浸透していますね。

1万歩歩いた時のエネルギー消費量は300キロカロリー消費されるといいますが、ただ単に1万歩歩いたからと言って消費されるわけではありません。

そこで重要なのがまず歩行速度。

 

1万歩歩いて300キロカロリー消費しようと思えば、それを100分以内にやり遂げなければならないと言われています。

つまり歩行速度というのが非常に大切なポイントになってきます。

ダイエットを期待するならば1時間に6kmの運動強度が必要とされているので、かなりハイピッチで歩かなければなりません。

そして、有酸素運動で脂肪が燃焼され始めるには最低でも20分~40分はかかります。

歩き始めて、20分くらいから汗がじわっと出始めます。

40分立つとかなりの汗が出てくるようになります。

 

かといってあまり長く(2時間以上)歩いてもある一定までいくと効果は変わらないといわれています。

ですからそれなりの時間と歩行速度は重要なポイントになるのです。

歩き方に関しては、一歩の歩幅は身長×0.45がベストだそうです。

160センチの人は、160×0.45=72センチメートル…これは結構な歩幅。

 

しっかりと顎を引き、正しい姿勢を保ち前に出た足はかかとからつけて蹴る足はつま先で蹴る。

こうした正しい姿勢を保ちながら速度、時間を意識しながら歩くことがダイエット成功に繋げるためのポイントとされています。

万歩計で歩数、歩幅で計算して見ます。

身長160センチの人の歩幅は、72センチでしたね。

スポンサードリンク

72センチ×10,000歩=720,000センチメートル=7,200メートル=7,2キロメートル。

これを100分でできれば十分です。

 

と、厳しいことを書きましたが、私は2か月で、体重はそんなに変わらないのに、ウェストが、3センチ落ちました。

以前穿いてたジーンズが、また穿けるようになりました。これは嬉しいでしょう?

そして、私は、ウォークマンで好きな音楽を聴きながら歩いていますので、あっという間に1時間たってしまいます。

後は、毎日の景色の変化も分かってきますよ。自然の変化だったり、建設中の建物の変化だったり。

その変化を楽しみましょう!

中には、川柳を作りながら、ウォーキングをしている人もいます。

何でもいいんです。

自分にとって楽しいことを、このウォーキングに取り入れましょう!

 

但し、ウォーキングは最低でも40分は続けてください。1時間越え位が理想です。

 

 

ウォーキングの効果、体脂肪がなかなか減らないですが?

ウォーキングをしている中でこんなことに直面することはないでしょうか。

「体重は減っているのに何故か体脂率が減らない」

確実に体重は落ちているはずなのに、体脂肪率というものが減っていないから痩せていないのではないかと疑問に思う方もいると思います。

まず認識しておくことは、家庭用のヘルスメーターについている体脂肪率が減らない・・・。でも体重は…減っているなら!

体重が減ったということは、体脂肪率が変わらない場合でも減った体重の分の体脂肪はしっかりと減少していることになります。

あくまでも体重に対する比率なので。

そう!体脂肪率はあまり変わらなくても、体重が落ちればその分の体脂肪は落ちていることになります。これは大事なことです。

ちょっとうれしいですよね。

 

体脂肪をしっかりとウォーキングで燃焼させるためのポイントとしては、
ウォーキング前に少し激しい無酸素運動を取り入れることが脂肪燃焼の近道とされています。

 

とここでも厳しいことを書きましたが。とにかく歩くことです。

歩かないより、歩く方が良いことは間違いありません。(脂肪は燃焼されるでしょう)

健康的になったり、おまけにダイエットも期待できたり。

そう!ダイエットはおまけだと思えば、楽しく続けられます。

続けられれば、いつの間にか体重は落ちています。私がそうでした。特にウエストは顕著に引っ込みます。

体脂肪ではなく、血液中の中性脂肪は、どんどん落ちますよ。

ダイエット効果より、健康に対する効果が期待できます。

 

まとめ

ウォーキングダイエットといってもその効果というのは人それぞれです。

みんながみんな同じように効果が出るかといえば、そうではありません。

自分に合った歩き方、スピード、そして歩行距離や時間を意識してコツコツと続けていくことが大切です。

ウォーキングとはあくまでもダイエットの一環なので、他のダイエット方法と組み合わせた上で実行していくことが成功への道になるのかな?。

 

但し、ウォーキングを健康のためととらえれば、これは非常にいい運動とされています!

有酸素運動、中性脂肪も落ちるし、何せ、足腰が強くなれば老化を防ぐことも期待できます。

老化は間違いなく足腰から来ます。歩くことはとても大切なのです。

老人でも、同じ年齢なのに、毎日しゃきしゃき歩く人、もう杖が無いと歩けない人。
これは日ごろから歩くことを心がけているからこの差が出てきます。

ウォーキングは、健康に、老化防止も期待できる…おまけにダイエットが期待できる。
そんな風に考えて、ウォーキングしましょう!

 

毎日(雨の日くらいはお休みしてもいいでしょう^^)習慣が付けば、やらないとなんだか気持ちがすっきりしなくなる・・・
そうなればしめたものです。

また、短期にダイエットしたい場合はジョギングの方がはやい?

こちら⇒ 正しいジョギングの仕方

こちらも読んで、ウォーキング・ジョギング。あなたに合った方法を選んでください。

足を使う事で、健康的になれるのですから^^

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)