京都のおすすめ紅葉スポットと見頃は?清水寺のライトアップが美しい!

By | 2014年9月29日

京都 紅葉日本は四季折々の木々の緑や色とりどりの花など自然の景色を楽しめる国です。

とりわけ桜と紅葉は、日本を代表する四季の織り成す美しい景色として知られ、鑑賞する人が多くいますね。

秋は紅葉ですが、基本的には、日本全国各地のどこでも楽しめるものです。

スポンサードリンク

しかし、紅葉が見事に色をつける場所というのは様々な条件が重なったところになるのです。

一般的には、夏が暑くて、秋口から一日の気温の寒暖差が大きいとう気象条件の土地の紅葉がきれいに色づくとされています。

ただし、同じ場所でも、夏の時期の日照時間や降水量、台風などにも左右されるので、その年の天候によって紅葉の美しさは異なるのです。

そのように美しい紅葉はいくつもの条件が重なって見られるものなのですが、比較的、毎年きれいな紅葉を見ることができるので有名なのが、奥入瀬(青森県)、日光(栃木県)、京都市内です。

なかでも京都は多くの名所があり、神社仏閣なども観光できることから、高い人気を得ています。

 

京都のおすすめ紅葉スポットは?

京都で紅葉スポットは多すぎて紹介しきれないほどあります。

代表的なものをあげると、その観光マップや観光案内にも登場し、人気が高く人出も多いのが東福寺、永観堂です。

東山エリアにあり、八坂神社や哲学の道など京都観光自体もたっぷり楽しめるところにほど近いので、移動するのも楽なせいかかなり人気があります。

東山エリアには他に清水寺、真如堂、南禅寺などもきれいな紅葉を見ることができます。

次に紹介したいのは大原エリア。北部にあるので早く見頃を迎えますが、三千院の紅葉は必見です。寂光院も見ごたえのある紅葉で知られています。

そして、忘れてはならないのが嵐山ですね。

保津川沿いを走るトロッコ電車からの景色は息を飲むほどの絶景です。

観月橋で見る紅葉は言うに及ばず、近くにある常寂光寺、直指庵、宝厳院も紅葉の名所として知られています。

洛北では鞍馬寺、貴船神社、高桐院、実相院あたりが有名です。

そのほか、京都市内にはいたるところに神社や仏閣がありますので、目に付いたところにふらりと入ってみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

思いがけず、穴場の紅葉スポットに出会えるかもしれませんよ。

 

京都の紅葉の見頃はいつ?

京都市内には紅葉の名所は多くあります。ですので、その場所によって見頃の時期が異なります。

京都市内の北部から順に紅葉が始まり、順に南エリアに移動してきます。

説明するまでもないですが、これは北部の方が気温が低いためです。

例年、10月の最終週あたりから色づき始め、12月の始めの週あたりまで楽しめます。

紅葉は色づき始めて散るまで約1ヶ月程度の期間を要します。真っ赤に色づいた紅葉のきれいな姿を見られるのは2週間程度でしょう。

京都市内の全体的に紅葉している時期といえば、11月23日だと言われます。

その年の天候や気温の状態で時期がずれることを考慮しても、見られるのが11月下旬にさしかかる頃だということです。

確実に紅葉を楽しむならこの時期が狙い目です。

 

紅葉の京都は清水寺のライトアップ!

京都の紅葉は、どこか場所を決めて行きましょう!たくさんあるので。

お勧めは「清水寺」です。紅葉のライトアップもあって、幻想的でとてもきれいですよ!

今年のライトアップの日時は、
11月14日~12月6日です。
時間は、18:00~21:00です。

2012年のライトアップの様子です。

これを生でご覧ください!感動ものですよ!

まとめ

京都は観光地として有名なところですし、紅葉のシーズンとなればかなりの人でにぎわいます。

日帰りなら前日や当日でも問題ないですが、宿泊予定がある場合には、早めに決めておかないと思うような宿を取れないことにもなりかねませんね。

旅は全てが納得できてこそ初めて楽しい思い出となります。事前準備はしっかりとしましょう。

観光予定は無理のないよう、手違いやタイムロスがあっても回りきれる内容にしておくのがよいですね。

時間が余ったときの予備の予定を立てておくのもよいかもしれません。

思い出に残る京都の紅葉狩りの時間を過ごせますように。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)