芦野公園の桜祭りはゴールデンウィークに開催?花火大会も?

By | 2015年3月4日

芦野公園の桜祭りお花見の季節である3月から4月というのは、
一般的にとても忙しい時期でもあり、
その合間を縫ってお花見を楽しんでいるご家族も多いのではないかと思います。

 

しかし、青森の方では少し時期がずれてのんびりとできる
ゴールデンウィーク中にお花見が楽しめる場所があると聞きました。

家族旅行としてのんびりとお花見を楽しめるイベントがあるのならば、
桜好きの方々にとってはぜひ参加してみたいものだと思います。

 

そこで、芦野公園の金木桜まつりについて、詳しい情報や楽しみ方、
見所などをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

芦野公園の桜祭りはゴールデンウィークに開催?

一般的にお花見シーズンといえば3月から4月にかけてのことを言いますが、
青森県五所川原市金木町芦野にある「芦野公園」では、
例年ゴールデンウィークと被るように行われています。

 

4月頃バタバタしていてゆったりと桜を満喫できなかったという人には、
とても嬉しい時期のお花見イベントで、
一泊二日の旅行としても充分に楽しめるお花見イベントなのです。

 

開催期間は例年4月29日~5月5日(若しくは6日)まで
ゴールデンウィーク期間中ずっと続くイベントとして開催されるので、
少し遠くても安心して参加することができます。

 


大きな地図で見る

 

芦野公園の桜の開花予想は?

毎年ゴールデンウィークに桜まつりが行われている
最大の理由というのはもちろん開花時期が
その頃にピッタリと当てはまっていることが挙げられます。

 

開花予想としては4月下旬から5月上旬までが見どころとされていて、
期間中はおよそ50万人もの人が足を運ぶとされています。

スポンサードリンク

 

アクセスは津軽鉄道芦野公園駅すぐのところにあり、
500台分の有料駐車場もありますが期間中は大変混雑しますので、
公共交通機関で向かう方がおすすめです。

 

芦野公園の桜祭りで花火があるの?他に見どころは?

芦屋公園の金木桜まつりにはたくさんの見どころがあります。

まずは広大な園内にある湖の湖畔に並ぶ1500本もの美しい桜の景観。

それはまさに津軽屈指の桜の名所と言われているほどです。

園内全ての桜を合わせるとその数2200本もあります。

もちろん夜桜も堪能することができ、
17時から21時までの間はライトアップされるので日没からの来場者も絶えません。

 

そして、多くの方に注目されているのが桜まつりに上がる花火大会です。

昨年2014年は5月2日に行われ、約5000発もの花火が打ち上げられました。

 

2015年も5月2日に行われると予想されていて、
夜桜見物と花火見物を兼ねて足を運ぶ人で溢れ返ります。

 

その他の見どころとしては、
期間中のイベントで三味線大会などのさまざまな競技大会、
カラオケ大会などが行われます。

 

そして、お花見イベントならではのボート遊びや
買い物なども楽しめることからお花見以外でも見どころは満載です。

 

桜以外でも松の木の多さも圧倒的で、
桜の木に負けない1800本という数の松が植えられているのも
景観を楽しめるポイントとなっています。

 

この公園は、「走れメロス」や「津軽」などで有名な
小説家の太宰治さんが子供の頃に遊んでいた馴染の深い公園として知られていて、
太宰治文学碑だけでなく歴史民俗博物館などがあることで多くの方に浸透している公園です。

 

も一つ、津軽鉄道のイベント列車が、
この芦野公園桜祭りで見られます。期間は4月29日~5月5日。
レトロな機関車にカメラを向ける人もいます。

 

動画で見てみますか?

良かったら実際に見てみてください。なかなか風情がありますよね

花見の名所としても有名ですが、それ以外にも見どころは満載なのです。

 

まとめ

ゴールデンウィーク中にお花見が楽しめるところというのは、
国内でも限られています。

その中でも見どころのたくさんあるお花見イベントなので、
連休中にゆったりと楽しみたいというご家族にはおすすめですね。

数ある名所の中でもとても広範囲に渡って桜を楽しめる箇所なので、
連休を利用して充分に桜を満喫したいという方はぜひ足を運んでみることをおすすめします。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)