ゴールデンウィークの穴場は?家族でラフティング!水遊び!

By | 2015年3月2日

ゴールデンウィークの穴場はラフティングゴールデンウィークにはレジャーに出かける方々が多く、どこに行っても人がたくさんで行く場所に悩む方も多いのではないでしょうか。

家族で楽しめる穴場的なイベントを楽しみたい、そんな方々におすすめなのが水遊びです。

夏場になれば当然のように溢れ返るほど人が増える水遊びですが、5月初旬であればそこまで混み合うこともなく、人混みに疲れず家族みんなで体を動かして遊べます。

その中でも私が最もおすすめしたい水遊びスポットといえば、滋賀県大津にある瀬田川の川遊びです。

そこで、瀬田川での川遊びの楽しみ方についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

ゴールデンウィークの穴場は家族で水遊びのラフティング!

滋賀県大津にあるフレンドシップアドベンチャーズでは、琵琶湖から流れる瀬田川での川遊びを楽しむことができます。

期間は4月から11月と少し長い期間開催される川遊びですが、遊び方にもそれぞれコースがあり、ラフティング、リバーバギング、ウォーターチュービングとどれも違った楽しみ方ができます。


大きな地図で見る

 

中でもご家族向けのレジャーといえばラフティングです。

ラフティングとは、ラフトと呼ばれる5人~8人乗りのゴムボートで川を下るといったレジャースポーツです。

リバーバギングやウォーターチュービングとは違い、みんなで同じボートに乗って力を合わせて川を下るといったとても楽しいスポーツです。

お子様も同じボートで楽しめるため家族の団結力も高まり、親子揃って夢中になれる水遊びなのです。

スポンサードリンク

コースを楽しめる時間はおよそ2時間30分程度なので、日帰りでのレジャーとしても充分に楽しめます。

もちろん前もって予約が必要なので、公式サイトで空き状況などをチェックしてから予約して参加します。

≫≫≫ フレンドシップアドベンチャーズ 公式サイト

 

ゴールデンウィークの穴場!5月に川遊びって寒くないの??

多くの方が一番気になるのがその気温だと思います。

5月初旬といえば、まだまだ水に触れるには早いのではないかと思われがちですが、ラフティングなどの川遊びを行う際は、ウェットスーツを着て川に入ります。

そのため水温もほぼ気にならないので寒さの心配はありません。

寒いのではないかという心配をして、ゴールデンウィークに水を避ける方が多いので、水遊びこそが穴場ともいえるスポットなのです。

ウェットスーツは無料で貸出されるので、あらかじめ準備しておく必要も無く気軽に参加することができます。

何よりオールを漕いで体を動かすので汗をかくこともあるスポーツですよ。

 

ゴールデンウィーク穴場の水遊びツアーのついでに温泉

琵琶湖周辺というのはもちろん宿泊施設も多数点在し、中でも「南郷温泉」という温泉があることで知られています。

岩間寺山中から湧くラジウム泉のお湯で、水遊びで疲れた体をしっかりと癒すことができます。

私が思う一番のおすすめ宿というのが、二葉屋という旅館です。

 

大浴場から眺める景色が素晴らしいということでリピーターも多く、旅の疲れを癒しながら家族みんなの思い出に残る旅行にすることができます。

もちろんこの温泉施設には日帰りプランというものもあり、レジャーついでに温泉に浸かって帰るという利用の仕方もあります。

 

まとめ

関西周辺にお住まいの方ならば、日帰りでの川遊びというのが充分に満喫することができます。

イベント会場などの人混みが苦手だという方には、雄大な自然に囲まれながら悠々と連休を楽しむことができるのでぜひ足を運んでみてください。

その他にも琵琶湖周辺にはカヌーを楽しめるところもあります。

≫≫≫ 琵琶湖のカヌー遊び

カヌーといえば少し難しいイメージがあるかもしれませんが、最年少で5歳から乗ることができるファミリーカヌーコースなどもありますので、ご家族での参加も安心して楽しむことができます。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)