母の日に手紙を高校生が。書き方のコツは?文例は?花を添えて!

By | 2015年3月1日

母の日の手紙母の日が近づいてきましたね。

母の日、お母さんに何かプレゼントしてあげようかなと考えていますか?

普段、高校の部活や友達付き合いが忙しくて、
なかなかお母さんとゆっくり話せていない貴方、

お母さんは息子の成長を嬉しく思う反面、
少し寂しく思っているかもしれません。

 

母の日はそんなお母さんのために、感謝の手紙を贈ってみませんか?

息子からの優しい気持ちに、
きっとお母さんは泣いちゃいますよ!

スポンサードリンク

 

母の日に手紙を高校生が贈る。書き方のコツは?

母親が母の日に子供からもらって嬉しいプレゼントに
手紙と答える方が多いんです。

もちろん気持ちのこもったプレゼントも嬉しいのですが、
やはり手紙は一番ありがとうの気持ちが伝わるのかもしれませんね。

 

普段、お母さんに手紙を書くことなんてありませんよね。

ちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、母の日ですから、
素直な気持ちを手紙に込めると良いと思います。

字が汚い、文章を書くのは苦手という男の子でも、
やはりお母さんにとっては子供が一生懸命書いてくれたものなら嬉しいはず、

ゆっくり丁寧に書いてみましょう!

 

お母さんへの手紙を書くポイント!

・お母さんの日頃の苦労を労ってあげてください。

・お母さんのこれからの健康を願ってあげましょう。

・小さい頃のお母さんとの思い出など入れるとグッとくるかもしれないですね。

・短くても大丈夫です。

・手書きで丁寧に気持ちを込めて書いてください。

・日頃、そっけない態度でお母さんに接してしまっている男子、
心の中はそうではないという事、伝えてあげてください。

・100均でも素敵なレターセットは買えます。
お母さんに合うようなデザインのもの、選んであげてください。

 

母の日の手紙の文例は?

◆文例1

お母さんへ

お母さんいつもありがとう。

毎日、朝早く起きて美味しいお弁当を作ってくれて、本当に感謝しています。

なのに、いつもそっけない態度をとってしまって、ごめんなさい。

こんな僕だけど、お母さんに対する気持ちは小さい頃から
変わってないので安心してください。

いつまでも元気で若々しいお母さんでいてください。

これからもよろしくね。

○○より

 

◆文例2

お母さんへ

お母さんいつもありがとう。

いつも家族のために、掃除・洗濯・食事の準備、頑張ってくれてるね。

僕が毎日楽しく暮らせていられるのはお母さんのおかげだと思っています。

小学校5年生のサッカーの試合、僕の蹴ったシュートが決まらず、試合に負けてしまった時、
泣いている僕に”かっこよかったよ”と言ってくれたお母さん。

スポンサードリンク

いつも優しく僕を励ましてくれてたよね。

次は僕がお母さんを守ってあげられるよう、頑張ります。

ずっと元気でいてね。

○○より

 

◆文例3

お母さんへ

お母さん、これからもまだまだ面倒をかけてしまいそうですが、

よろしくお願いします。

いつまでも、笑顔が素敵なお母さんでいてください。

産んでくれてありがとう。

○○より

 

母の日の手紙に花を添えて、どんな花が良い?

無難なのはやはりカーネーションでしょう。母の日カーネーション

お母さんの好きな花を知っているなら、その花をプレゼントすると良いと思います。

好きな花でなくても、お母さんの好む色がわかるなら、その色の花を選んでも良いですね。

母の日にふさわしい花の花言葉です。

★カーネーション:

「赤」熱愛・母の愛(ただし濃い赤は「哀しみ」と言う花言葉がありますのでご注意を。
「ピンク」上品・感謝・優しい心
「黄色」これは避けましょう!「軽蔑」「嫉妬」などがあります。
「オレンジ」純粋な愛・清らかな愛情・情熱
「白」尊敬・私の愛は生きている・・・亡くなった母へ贈るものとされています。

★紫陽花:最近人気が出てきています。:強い愛情・元気な女性・家族団欒

★ガーベラ:希望・常に前進
「赤」神秘
「白」希望・律儀
「ピンク」崇高美
「オレンジ」我慢強さ・・・これはちょっと合わないかな?
「黄色」究極美・親しみやすい

★なでしこ:純愛・思慕

★チューリップ:思いやり・誠実な愛

★かきつばた:幸せを願う

等々。

 

費用がないなら、一輪だけでも嬉しいと思いますよ。

花の他に何かないかなという人は、女性の好きなケーキ、チョコレートなど、小菓を一緒にあげてもよいですね。

使えるものなら、ハンカチ、ハンドタオルなど。

日頃の疲れをとってもらうように、入浴剤など喜ばれるかもしれません。

お洒落で綺麗な入浴剤など雑貨屋さんに安く売っていますので、さがしてみてはどうでしょうか?

 

まとめ

今年の母の日は恥ずかしがらず、
素直な気持ちでお母さんに手紙を贈ってみましょう。

ありがとうの一言でお母さんはきっと
幸せな気持ちになれると思いますよ!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)