ジョギング効果の体験談をお話しします。こんなに健康になりました!

By | 2015年1月30日

ジョギング効果の体験談40歳過ぎると急に太りやすくなってきた。
そんなに食べてないのに、ぜんぜん痩せない、そんな声をよく聞きます。

これは若い頃よりも、代謝機能がかなり低下しているからです。
代謝が悪くなると、血行も悪くなり、いろんな病気や体調不良に繋がってしまいます。

そこで、とても体に良いと注目されているのが、スローなジョギングなんです。
ウォーキングよりも消費カロリーが多く、効果的なダイエットも期待できます。

スポンサードリンク

 

ジョギング効果の体験談!私はこんなに健康になりました。

私も数年前にジョギングを始めました。

 

全くスポーツとは縁がなかった私は、短い距離、1キロくらいから始めていき、
毎日少しすつ距離を伸ばすようにしました。
2ヶ月後には10キロ走れるようになりました。

一時間半近くかけて、ゆっくり走るので、そんなに疲れません。

 

体にはいろんな効果が出てきました。

まず食事を美味しく感じるようになりました。
走る前よりも、量を多く食べるようになったのですが、体重は増えません。
体重はさほど減ってはいませんが、体は締まってきたように思います。

 

かなり代謝が良くなりました。
そして、汗をたっぷりかくせいか、肌の調子がとても良いんです。

 

私はかなり冷え性だったのですが、手足の冷えがなくなりました。

 

ウォーキングと違って、ジョギングは全身運動なので、腹筋や背筋を使います。
腹筋や背筋が鍛えられてきたせいか、腰痛もなくなりました。

 

このように、いい事ずくめです。

 

ジョギング初心者の準備は?コツは?

ウォーキングなら5キロ、10キロ平気という人でも、

ジョギングとなると「走るのはきついんじゃ?」と抵抗がありますよね。

 

でも、ジョギングはそんなにハードな運動ではありません。
ペースの速いランニングは「速筋」という筋肉を使って瞬発力のある運動しますが、
スローなジョギングは「遅筋」を使います。

スポンサードリンク

 

「遅筋」は持久的な運動に適しているので、ペースが遅くなればなるほど、
この「遅筋」を使うようになるんです。
「速筋」は運動するとすぐに乳酸がたまるので、脚が疲れやすくなりますが、
「遅筋」による運動ならそんなに疲れが溜まらないんです。

 

ゆっくりなペースでジョギングすれば、初心者でもすぐに長距離を走れるようになります。
息が上がらないペースを守って、有酸素運動を心がければいいんです。

 

ジョギングデビューするにはまず準備が必要です。

 

きちんと自分に合った、ジョギングシューズを買ってください。
走ると、膝に体重の3倍の力がかかるといいます。
軽くてクッション性のあるジョギングシューズで走らないと膝を壊す原因になってしまいます。

 

シューズ売り場で、初心者用のシューズを選んでください。

 

ジョギングウエアも必要です。
上半身は吸水性・速乾性に富んだウエアが必要です。

かいた汗がそのままになると冷えて低体温症になったりするのできをつけなくてはいけません。

 

日差しの強い日にはUVカット機能のあるものも良いです。

スポーツショップに行くと、可愛いデザインのウエアがたくさんあるので、ウエア選びは楽しいですよ。

 

ジョギングを続けるコツは?

ジョギング 続ける
少し高めのジョギングシューズを買ってみてはどうでしょうか。
使わないと勿体ないから、しばらく続けてみようかなと思うはずです。

 

しばらく続ければ、走り終わった後の爽快感をまた味わいたくなり、長続きするはずです。
あとは、可愛いウエアやアクセサリーを揃えてみるのも良いと思います。

 

ジョギングブームで、スポーツショップにはお洒落なウエアがいっぱいあります。

格好から入るというのも一つの手だと思います。

 

まとめ

40歳過ぎると、努力しなくちゃ体型は保てなくなります。

いつまでも若々しくいたいと思う方、スローなジョギングを始めてみてはいかがですか?

きっと楽しいと思います。

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

One thought on “ジョギング効果の体験談をお話しします。こんなに健康になりました!

  1. Pingback: ウォーキングの効果が出るまで何日くらい?歩き方を教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)