引越しの処分品の費用は?無料に出来ないか?安くするコツは?

By | 2015年1月26日

引越し 処分春は進学・就職・転勤など新しい生活を始める季節です。

3月は引越し業者の書き入れ時となっており、この時期、どの引越し業者も割高な引越し料金を設定しています。

そのため、なるべく積荷の量を減らして引越し料金を最小限にしたいですよね。

新生活を始めるにあたって、引越しは不要なものを処分する絶好のチャンスです。

しかし引越し処分品には費用がかかってしまいます。

引越し処分品の費用を安くするにはどうすれば良いのでしょうか。それにはいくつかポイントがあるんです。

スポンサードリンク

 

引越し処分品を安く引き取ってもらいたい。リサイクルできないか?

引越し処分品の引取りには4通りの方法があります。

①引越し業者で引き取ってもらう②民間の不用品処分業者に依頼する

③各自治体に依頼する

④リサイクルショップで売る

引越し業者では不用品を無料で引き取ってくれる業者もあります。

しかし古くて使えないものに関しては引き取りはしてもらえますが産廃費用を支払うことになります。

民間の処分業者は買い取り額から人件費や搬送代を引かれ、逆に大きな負担を払うことにもなるケースもあります。

やはり各自治体に依頼し、粗大ごみとして処分品を引き取ってもらうのが一番安価だと思います。

しかし、自治体に依頼する場合は、回収日が決められている・回収不可能なものがある・回収場所まで自力で持ち出さなくてはいけないなどのデメリットもあります。

まだ新しいもの使えるものに関しては、リサイクルショップで買い取ってもらうと良いでしょう。

だたこれも、リサイクルショップを探すのが大変・運び出しに労力がかかる・買い取り額が安いなどのデメリットがあります。

 

引越し処分の回収の費用は?おすすめ業者は?

自治体の粗大ごみ料金は大体、300円から1500円くらいの間です。

引越し業者や民間の不用品処分業者に依頼しても、不用品処理費が無料になることはありませんし、自治体でかかる費用よりもずっと高い料金になってしまいます。

しかし、引越し日近くまで使いたいものなどに関しては、回収日が決まっている自治体に依頼するのは困難があります。

スポンサードリンク

早めに処分できるものは自治体に、当日近くまで使用するものに関しては引越し業者・民間と分けて処分するのが良いでしょう。

そのためには、早い時期から処分の計画をたてておく必要がありますね。

民間の処分業者に依頼する場合は、ホームページを見て、実績があるか・一般廃棄物収集運搬許可の保有・会社住所などをしっかり確認してきましょう。

違法な処分業者もあるので注意が必要です。

無料だからといって安易に依頼すると、悪質な場合、ごみが不法投棄されてしまうなんてこともあります。

都内で人気な民間業者としては、 粗大ごみなどは「エコピット」 法人用では「クリーンクルー」などがあるようです。

家電リサイクル法で処分方法が決められているエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機については新しく購入するお店で引き取りしてもらえます。

処分の場合は過去に購入したお店に引き取り依頼をします。

冷蔵庫ならば5000円前後、テレビなら3000円前後の費用が必要です。

まだ新しく、使用できるものであれば、リサイクルショップでの引き取ってもらえば、現金が手に入りお得ですね。

 

引越し処分で高級家具のリサイクルに値が着くのか?

高級家具をリサイクルショップで売る場合、高値で売るのは難しいようです。

どんなに状態良い場合でも、購入時の10分の一くらいになってしまいます。

使用年月が経っているものに関してはタダ同然になります。

処分する場合は、処分費用がかかりますし、なるべく汚れなどを落として綺麗な状態にし、リサイクルショップの査定に出して、小額でもお金に代えるのが良いと思います。

ピアノに関しても同じようなことが言えます。

使用年月がかなり経つと買取価格よりも処分費の方が高くなってしまうようです。

テレビCMをやっている大手でも買取額は格安のようです。サカイ引越しセンターのように、引越し業者がヤマハなど楽器店と提携していて、引越し時に買取や処分の査定をしてくれる場合もあります。

手間を考えると引越し業者に任せてしまうのも良いかもしれません。

 

まとめ

引越し時の処分品費用を安く抑えるには、やはり前もって不用品の処分計画をたてましょう。

早々に処分できるもの、引越しぎりぎりまで使うものに分け、それぞれ処分依頼先を分けると、引越し処分の経費を安く済ますことができると思います。

不要なものは捨て、快適な新生活をスタートさせたいですね。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)