ひな祭りの由来を子供向にお話しましょう!甘酒を飲む意味は?

By | 2015年1月24日

ひな祭り娘さんのいるご家庭なならば必ずと言っていいほど行われる「ひな祭り」。

私は子供の頃雛人形というのがあって、ひな祭りの度にどうしてこんなものを飾るのかと不思議に思っていました。

私だけに限らずなぜ雛人形を飾るのか?と感じている子供はたくさんいると思います。

そんなひな祭りを楽しいお祭りにするには、やはりその意味というのをしっかり説明して大切なお祭りであるということをお子様に話してあげることが先決ですね。

由来などを理解すれば、何となく??と感じていた雛人形にも愛着が湧いてくるものだと思います。

そこで、ひな祭りの起源や意味などをお子様に説明するにあたって、どのように伝えれば良いかというところに着目してみました。

スポンサードリンク

 

ひな祭りの由来を子供向けにお話しするには、どう説明しますか?

ひな祭りは五節句のひとつになります。

五節句はこう言ったものです。

・七草の節句 1月7日

・桃の節句  3月3日

・端午の節句(菖蒲の節句) 5月5日

・七夕  7月7日

・菊の節句(重陽) 9月9日

桃の節句、ひな祭りについてお子様に説明する際のポイントは3つ。

◎由来

・3月3日にひな祭りをするのは、昔の中国ではその日に手足を洗って悪いことを祓っていたことがきっかけとなっています。

・日本では手足を洗うのではなく「流し雛」といって紙人形に災いを背負ってもらって川に流すという風習がありました。

・時代が流れるにつれて、流し雛の代わりにそのお雛様を家に飾って女の子の成長を願うお祭りになったのです。

◎人形を飾る意味

雛人形というのは、女の子に降りかかる災いを代わりに引き受けてくれる大切なお人形です。

自分を守ってくれる神様だから大切に飾り、来年も元気に過ごせますようにという願いをかけてお祝いをしましょう。

◎料理の意味

ひな祭りに食べる料理には、女の子が健やかに、そして幸せに成長できるようにと願いの込められた料理をいただきます。

 

・菱餅→色に意味があります。

赤 「魔除けの色」

白 「清純でありますように」

緑「健康に育ちますように」

 

・蛤の潮汁→素敵な結婚ができますように。

・ちらし寿司→ちらし寿司の具には長寿や先の見通しが良いといった縁起のある具材を使って作られています。

スポンサードリンク

 

このようにして大事なところだけ押さえて教えることで、とてもシンプルに伝わり、そして雛人形は自分を守ってくれるということさえわかれば、不思議だった気持ちも納得できます。

小さいお子さんには、なんとなく、悪いことが起きないように、幸せになれるようにっていう意味があるんだな~!ってことが伝わればいいと思います。

 

ひな祭りの起源の由来を説明します?

ここで気になるのがひな祭りの起源についてですね。

ひな祭りの起源というのは、はっきりした起源というものはありませんが、源氏物語にも出てくるほど昔から行われている「流し雛」が元のスタイルでした。

今と同じ形ではありませんが、少なくともその時代にはすでに行われていたことは、明白です。

その後、江戸時代に宮中で流行っていた人形遊びが流し雛と合わさり今の形になったといわれています。

時代を超えるごとに少しずつ変わり、今の形になっているのですが、本格的にひな祭りというお祭りとして完成度の高い人形を置いてお祝いするようになったのは江戸時代からなんです。

ひな祭りのきっかけになっているのは、平安時代からですが、本格的な今のスタイルとして定着したのは江戸時代なので、私個人としては江戸時代の(ひいな遊び)人形遊びが流行ってからが本格的な今のひな祭りのはじまりなんだなと理解しています。

 

やはりメインは「雛人形」を飾って楽しくお祝いすることが、ひな祭りの醍醐味ではないでしょうか。

 

ひな祭りに甘酒を飲む理由は?白酒との違いは?

お子様の多くは「甘酒」が好きな子も多いのではないでしょうか。

私の周りの友達はみんな甘酒が好きな子、嫌いな子様々でした。

ひな祭りといえばやはり甘酒を飲むといったイメージが強いものですが、実は縁起の上では「白酒」が適していると言われています。

白酒には厄除けの効果があり、ひな祭りのように厄を祓うためのお祭りにはピッタリの飲み物なのです。

しかし、ひな祭り当日みなさん甘酒を飲んできたのもだと思います。

それを不思議に思ったことはありませんか?

甘酒にはどんな意味があるのだろうか。

その答えはとても単純なもので、白酒にはアルコールが入っているのです。

つまり白酒は子供が飲めないから代わりに甘酒を飲んでいるということなのです。

子供が飲むための白酒の代用品といったところでしょうか。

 

まとめ

このようにひな祭りの歴史や意味というのは、一言では説明できないほどのとても深いお祭りです。

部屋の一角に佇む少し不気味に感じる雛人形でも女の子を守ってくれるといった意味を持ち美しくそこに佇んでいるということが理解できれば、雛人形が苦手な子供でも馴染めるものだと思います。

どれほど明るく説明できるかが、お母さんの腕の見せ所ですね。

ぜひお子様に伝えてあげて、楽しいひな祭りにしてください。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)