上野公園のお花見のスポットや場所取りの時間を教えてください。

By | 2015年1月22日

上野公園 お花見関東の人気お花見スポットとしても有名な東京上野公園。

毎年春になるとたくさんの人がお花見にやってきます。

そんな上野公園で、今年はお花見を満喫しようと思っている人は多いと思います。

しかし、やはり不安になるのはその人の多さですね。

溢れ返るほどの人混みの中でのお花見観賞を楽しむために、事前準備をしっかりとしておきましょう!

そこで、友人たちと上野公園でお花見をする際のスポット、穴場スポット、場所取りの時間などのポイントについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

上野公園のお花見スポットは?夜桜のライトアップはありますか?

さてそこで気になるのはお花見スポットですね。

上野公園は分かりやすいです「中央園路(桜通り)」という歩道があります。ここは外せません。

上野公園をの中心部で南北に長い並木道があります。ここが「中央園路」。

ここが上野公園のお花見の最高のスポットになります。

★では「中央園路」への行き方(最短コースを案内します)

1、JR上野駅の「公園口」の改札を出る。

2、出たら目の前に信号があるので、渡たります。

3、そこには「東京文化会館」があります。突き当ったら右手に行きます。

4、「東京文化会館」の端に行ったら左へ曲がります。

5、そうすると左手に、大きな並木道が見えます。ここが「中央園路」。

6、公園の地図を見ながら事前にチェックしておきましょう!


大きな地図で見る

上野桜守の会の写真です。桜が開花すると絶景になります。

 

★上野公園の穴場花見スポット (場所は上記地図参照)

■東照宮の通り

1、中央園路を「動物公園の方に歩く

2、左手に神社があります。これが「上野東照宮」です。

3、この通りは狭いので比較的人が少ないです。

■不忍池

上野公園の西南にある大きな池です。この周りにも桜の木がたくさんあります。
池なので、水辺の景色で、少し違った趣があります。

 

そして、夜桜についての情報ですね。

夜桜を観賞できるのは、昨年2014年は3月21日~4月6日まででした。

スポンサードリンク

開園時間は5:00~23:00までですが、ライトアップされる時間は、夕方17:30~20:00までと少し短い時間で設定されているのが特徴です。

上野公園の夜桜の見どころは、ライトアップされるライトがぼんぼりで作られていることです。

その数なんと1,100個もの無数の光で照らされることから美しい景観に舌を巻く方も多いのが特徴です。

ライトアップ時期は夜桜の花見客も多くとても混み合います。

 

人の多い中には当然ルールというものが存在し、周囲の迷惑にならないためのマナーは守らなければなりません。

ゴミは持ち帰ったり、綺麗に使うというのは当然のマナーですが、それ以外にも夜桜見物の際に気を付けておきたいのが「火気厳禁」というルールです。

バーベキューなどの火気を取り扱うお花見は固く禁止されているのでしっかり守らなければなりません。

そしてお花見目的で来園した場合は、20:00を過ぎたら帰るというのが暗黙のルールです。

23:00まで開園はされていますが、ライトが消された段階で片付けて長居しないことをおすすめします。

 

上野公園でお花見の場所取りの時間は何時頃から?何日前から?

上野公園でお花見のための場所取りをするのはとても大変です。

来場者の多さから当然場所取りをする人もたくさんいます。

ならば数日前から場所取りをしておけばと考える方もいるかもしれませんが、基本的に無人のシートに関しては撤去されてしまうので、場所取りをするのは当日に限ります。

当日の朝はとても早く、7時から8時の間にはいっぱいになってしまいます。

ですからいい場所を選びたいのであれば、早朝5:00に開園した後から7時までの間に確保しておかなければなりません。

特に袴腰から噴水池までの桜は絶景なので、その周辺は人気があります。

少人数用の場所取りでも8時以降は取るのが難しくなるので、早めに行っておくことをおすすめします。

何となくふらりと立ち寄ったとしても人が多すぎて立ち止まって観賞できるような状況ではありません。

ゆっくり桜を見るのであれば、あらかじめ場所をとっておく必要がありますので、お早めにお出かけされることをおすすめします。

場所取りで、一つ注意点です。意外と気づかないことがあります。

トイレの近くに場所を取らないようにしましょう。

臭いも有りますし、用を足しに来る人で、ごった返します。落ち着かないですね。

 

上野公園の桜の開花予想は今年はいつごろですか?

上野公園の桜はなんと800本以上も生えていて、その本数の多さから満開になった時の絶景は素晴らしいものです。

2015年の東京の桜; 平年の開花は3月26日、満開は4月3日頃です。前後1週間のずれがあります。

発表され次第、ここに載せていきます。

ちなみに来場者は例年194万人と大勢の人が訪れるのが特徴です。

会社の花見になると、例年新入社員が上野公園の場所取りに行かされることが多いです^^

 

まとめ

開花状況によって変わりますが、不忍池周辺では骨董市などのイベントが開かれます。

そういった楽しみ方もできるので、満開時にはイベントも要チェックする必要があります。

初めての方はとにかく人が多いということに驚きますので、あらかじめ心の準備をしておくこともポイントです。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)